IMPROBIC

影の決定者は誰ですか? 影の決定者は誰ですか?

12月 20th, 2016

商品を販売する時、
誰がそのお金を払うのか、を意識する必要があります。

購入に関わる人が多くなる例として、
ランドセルの販売を考えてみましょう。

ランドセルは子供が使いますが、
選択の決定権は、親にあります。
しかしお金を出すのは、祖父母となるケースが多いです。

この場合、祖父母と会う機会が多くなる、
お盆の時期に、販売数が伸びます。

さらにいうと、男性であるパパを対象にランドセルを売りこんでも
正直、あまり売り上げは期待できません。
販促は、ママにはたらきかける必要があります。

ちなみに、お金を祖父母が支払う場合、
金額設定は高めにしても
大丈夫なケースが多いです。

そのように考えていくと、自然と
販売時期、価格、販促企画が考えられます。

独身の方でしたら、自分の欲しいものは
自分の決断で、どんどん物が買えますが、
結婚すると、そうはいきません。

金額が高額になればなるほど、
家族での話し合いが必要になります。

そこで奥さんが「必要なし」と認めたら
商品を購入することは、できなくなります。

インプロビックのカスタマーサポートにも
「妻(夫)の理解が得られないので、解約します」
というメールは、たびたび寄せられます。

新聞販売や、住宅販売など、
なぜか商品を売り込む人は、男性にだけ話しかけ
奥さんには決定権がないものとして
話をすすめる人が多いですが、

影の決定者は、奥様
というケースが多いので注意が必要です。

講演前にチェックしていますか 講演前にチェックしていますか

12月 19th, 2016

無くて七癖、といいますが、
自分で考えている以上に、自分の話し方には
癖がある、と思っていた方が良さそうです。

このサイトをご覧になっている方は
人前で話をされる方も多いと思いますが、

自分の話している様子を、後日見て
「こんな話し方をしていたのか」と
驚いた経験はありませんか?

これまで筆者が、人の話し方で気になった例としては
やたらと「えー」という前フリが入る。
(例:えー、こういうわけですね。えー、では次いきましょう)

というのもありました。

話の内容は良くても、聞いている人は
いったん話し手の口癖が気になると、
話の内容よりも、その口ぐせに気をとられてしまいます。

人前で話す機会のある方は、
人前に出る前に一度、ご自分の話している様子を録画して
確認してみることを、おすすめいたします。

ビッグチャンス到来です ビッグチャンス到来です

12月 12th, 2016

今何か、困っている事態が起きている方、
それは、ピンチのように見えて、
実は大きなビッグチャンスかもしれません。

夕方のテレビでは、大体どの番組でも、
飲食店特集をやっています。

番組では、お店の苦労話や繁盛したきっかけを
ストーリ仕立てで紹介しているのですが、
ほとんどといって良いほど、
人気メニュー開発のきっかけは、下記の状況からスタートしています。

<その1>
その日に限って材料が調達できず、
仕方がないので、あり合わせの材料で作ったら、とても好評だった。

<その2>
いつも売れ残っている材料があり、苦肉の策で、
それを使ったメニューを開発したら、爆発的に売れた。

<その3>
お客さんから「○○が食べたい」とリクエストされ、
試しに作ってみたら好評だった。

特に1の「どうしようもなかったので、急場をしのぐために考えた」
という理由は、とても多いです。
まさに、ピンチはチャンスといえます。

物事を見る時は、サイコロの目に例えられます。
自分が1を見ている時、相手には、違う数字が見えています。

ピンチの時こそ、大きなチャンスが到来している。
この視点で、物事を考えてみることをおすすめ致します。

お役に立てれば幸いです。

Page 1 of 4912345102030...Last »