IMPROBIC

質の高いアンケートを集める方法 質の高いアンケートを集める方法

4月 28th, 2017

お客様にアンケートを書いてもらう時には、ポイントがあります。

その場で、魅力的な景品をつけて、書いてもらう。
ここがポイントです。
アンケートには様々な形式があります。

<住所氏名の記入がなく、その場で書いてもらう>

個人情報を書かなくていいものは、
アンケートに答えてもらいやすいです。
その際、景品が豪華ですと、結構な量のアンケートを書いてもらえます。

筆者が最近出会った場面では、
アンケート用紙は、6枚にも渡るものでしたが、
住所氏名の記入なしで、何より
その場でアンケートを提出すると、缶ビール1本がもらえるとあって
たくさんの人が、必死にアンケートを書いていました。

アンケートに答えてもらえる確率と、
景品の質は比例します。

<住所氏名の記入あり、その場で書いてもらう>

かなりハードルが高いです。
また、実際書いてもらったとしても、
嘘の氏名や連絡先が多いものです。

よほど欲しい情報でない限り、
アンケートには答えてもらえないと思った方がいいです。

<商品を購入した際、アンケート葉書を渡し、ポストに投函してもらう>

これもかなり難易度が高いです。
わざわざポストに入れる、という手間が入ってくるので
ハードルが高くなります。

筆者は歯医者でこれを経験しました。
チェーン店が運営している歯医者だったようで、
治療が全て終わると、アンケート葉書が渡されました。

とても良い歯医者だったので、良いことを書いて出そうと思いながらも
ポストに入れる、という作業が手間で、
なかなか出せませんでした。

この手の葉書は、クレームやサービスに不満があった場合
すぐに返信がくるかもしれません。

ポストに入れる事が手間なので、
お店に箱を置いて、その中に入れてもらうようにすると
アンケート回収率は上がります。

このように見ていきますと、
質の高いアンケートを書いてもらうためには

・住所氏名の記入がない
・その場で提出
・豪華な賞品がもらえる

この3つを揃える必要がありそうです。

理想のライフスタイルに生きろ 理想のライフスタイルに生きろ

4月 13th, 2017

現在、あなたの置かれている状況は
最高の、理想の状態でしょうか?

毎日の慌しい生活の中で、
自分が本当は、何をやりたいのか、
どんな生活を送りたいのか、ということは
忘れてしまいがちですが、

自分が本当にやりたい事を
一度立ち止まって考えてみませんか?

あなたの本当の理想は
どんなスタイルでしょうか。

理想のライフスタイルを探し出す質問です。

・あなたはどこに住みたいのか?
・あなたは誰と暮らしたいのか?
・あなたはどうやって暮らしたいのか?
・あなたの理想の朝から寝るまでを書きだす
・あなたの得意なことは何なのか?
・あなたは誰となにをしている時が一番楽しいのか?
・上記をよく反芻しあなたのビジネススタイルとビジネスアイデアを書きだす
・あなたのビジネスは子供、妻、親戚に誇れるビジネスであるか?

お役に立てれば幸いです。

売れる匂いを作る究極の自己質問法 売れる匂いを作る究極の自己質問法

4月 7th, 2017

今日のテーマは「売れる匂いを作る究極の自己質問法」です。

「こんなに情熱をこめて作ったのに、どうして売れないんだ?」

商売をしていると気づくことがあります。

「同じ商品なのに、どうして売れないのだろう」というものと逆に、
同じ商品なのに、「めちゃくちゃ売れてしまうもの」もあります。

例えば、

本は、ほとんど同じ内容を書いて出版しても、
ベストセラーになる場合と、まったく売れない場合があります。

住宅もそうです。

まったく同じ家でも、お客が行列を作るときと、
そうでないときがあります。

なぜ、このような差が出るのでしょうか? 

実は、売れる商品には、売れる匂いというものがあるのです。
売れ行きと品質は必ずしもイコールではありません。

本であれば、「中に書かれている内容がすばらしければ売れる」
ということは幻想です。

本の売れ行きを左右しているのは、
単なる評判であったり、体裁の派手さであったり、
書店で見やすいところに山積みされているから、

著名な人間が書いたなど、中に書かれていることとは、
別次元の問題なのです。

ものを売るのが上手な人というのは、
売れる匂いを作るのが得意です。

・商品をどう包装するか、どう並べるのか、

・ポップにはどんな一言を添えるか、

・顧客になにを語らせてお客の声とするか、

・広告宣伝ではどんなメッセージを伝えていくか、

・集まった見込み客に出すDMではどんな工夫をするか、

などです。

商品からマーケティングまでを視野に入れて
「これなら売れるぞ!」と思える、匂いを作っていくのです。

そのためには細部にこだわり、徹底的に検討し合い、
作ってみてはやり直します。

すると、売れる匂いが出てきます。

そして、自分に究極の質問をしてみるのです。

「自分の人生が、この商品にかかっているとしたら、何をするか?」。

すると、「こんな感じでいいや」と
見切り発車することはなくなるはずです。

商売をしている人の多くの人が、
「今売っている商品はこれで大丈夫」、「売り方も問題ないはず」と
自分で自分を納得させています。

見直しをすると、新たな仕事が発生するので、
見て見ぬ振りをしているのです。

仕事のヒントになれば幸いです。

Page 2 of 3612345102030...Last »