IMPROBIC

あなたの評価を決める人 あなたの評価を決める人

7月 10th, 2017

あなたの評価は「他人」が決めている。
まず、この事実を知ってください。

私たちの人生は、
多くの部分で他人の評価で決まります。

あなたがもし、サラリーマンなら、給料は誰が決めますか?
あなたが営業マンなら、商品を買う買わないは誰が決めますか?
あなたがプロポーズして、結婚できるかできないかは誰にかかっていますか?

給料は人事が決め、
購入するかしないかはお客様が決め、
結婚は他人が了承することで、結婚できます。

悲しいかな、私たちの人生は
常に他人によって決まるのです。

だからこそ、仕事もプライベートも自分の市場価格をあげて、
他人に「できる」と評価してもらうことが大切になってきます。

「あなたの評価は「他人」が決めている」
という事実をしっかりと覚えておいてください。

天才の習慣を、ビジネスに応用する 天才の習慣を、ビジネスに応用する

7月 4th, 2017

台風がきている地域もありますが、
いかがお過ごしですか?

今日は1つ、クイズに挑戦してみて下さい。

===========================================================
【質問】以下の●に当てはまる言葉は何か?
===========================================================

「絶えざるスキルアップを達成するために「最も重要」なのは、
 ●●●●●を把握する事です。努力で得た●●●●●の上に
 すべてを築くのです」

 ピーター・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)の言葉
===========================================================

「天才」の習慣を盗み取れ!

実は、天才と呼ばれる人でも、ご存知の通り、

◎ ある一時期に、血を吐くほど打ち込み
◎ 獲得した能力を衰えさせないように、継続的な努力を怠らない

ように努めてきていることを、忘れてはいけません。

天才の領域に近づく第一歩は、
とにかく今の仕事で【1位】を達成することです。

「この領域で、1位になるぞ!」

と明確な目標と継続的な努力を決断することです。

しかし、単なる精神訓を述べて気合を入れて頂くのとは、
訳が違います。発奮して頂きたい訳ではないのです。

まず、あなたが1位になれる領域が
あるかどうかのヒントとなる質問があります。

参考にしてみて下さい。

<会社に関する情報>

1.会社名の由来は?
2.会社の創業年月日は?その年には大きな出来事はあった?
3.会社の所在地は?その地で全国的に有名なものは?
4.社長のアピールポイントは?(関係する人物・もの)

<商品・サービスに関する情報>

1.扱う商品・サービスのアピールポイントは?
2.扱う商品・サービスの発明者・第一人者は?
3.サービスの開始時期・なぜ始まった?
4.サービスを扱い始めた理由は?

<ターゲット顧客に関する情報>

1.ターゲットの顧客層は?
2.なぜ、そのターゲット顧客層にしたのか?
3.その次のターゲット顧客層は?
4.顧客は、どのタイプが多いか?

(A)情報の理解を深く求めるタイプ
(B)難しいことよりもとりあえず情報が欲しいタイプ
(C)良く分からない・どちらでもない

これらを考えた後に・・・

<1位に関する情報>

一番であることは無いか?を考えましょう

1.会社・社長のこと/サービス・商品のこと
2.都道府県で一番のことは?
3.日本で一番のことは?
4.世界で一番のことは?

限定的な条件下での1番でも構わないのです。
2番ではなく、【1番】であることが重要です。

なぜなら、その領域で1番であるからこそ、
その道の専門家としての評価を受け、人々の記憶に
残っていくわけです。

===========================================================
【質問の回答】当てはまる言葉は・・・
===========================================================

【自分の強み】でした!

「絶えざるスキルアップを達成するために「最も重要」なのは、
 自分の強みを把握する事です。努力で得た自分強みの上に
 すべてを築くのです」

ピーター・ドラッカーも言っているように、
自分自身の強みが、経営上重要なのです。

勝負の領域において、ダントツの実績を叩き出す方は、
独自の理論や独自の勝負哲学を持っていますね。

是非、あなただけの勝負領域を創出して、
勝負に打って出ていただきたいと思います。

頑張りましょう!応援しています。

PS:
千客万来実践会では、
たくさんの仲間が、毎日頑張っています。
http://naturalsuccess.jp/b3/

確実にチラシが読まれる場所 確実にチラシが読まれる場所

7月 3rd, 2017

チラシを配布する時、
「他の会社(施設)に置いてもらう」
ことは、よくあります。

例えば、眼科に歯科のチラシがあったり
歯医者に、塾のチラシが置いてあったりなどですね。

この「他の会社やお店」というのは誰でも思いつきますが、
以外と公共機関でも、チラシを置いてもらえることは
ご存知ですか?

公共機関とは、例えば
保育所や幼稚園などです。

こんな所に、チラシなんて置けるの!?
と思われるかもしれませんが、
以外と入ってきます。

もちろん、中身は厳選されるのでしょうが、
必ず保護者が見る、
個人の連絡ポケットにチラシが入っていると、
そのチラシは確実に、保護者に見てもらえます。

これまで、筆者の連絡ポケットに入っていたチラシは

・通信教育(○ネッセ等)の案内チラシ、
・海外文化に触れるワークショップの案内チラシ
・音楽コンサートのお知らせ
・地域のお祭りや、イベントのお知らせチラシ

などが入っていました。

工務店主催の、大工体験案内チラシなどは
すんなり受け入れてくれる可能性が高そうです…!

保育所や幼稚園経由でくるチラシは
「保育所からきているのだから、いいものなんだろう」
と、保護者が必ず目を通しますので、

もし、乳幼児やその保護者対象のものを扱っている会社なら
各施設に交渉する価値は、十分あると思います。

確実にチラシに目を通してもらうには、

「どこに配布するか」
が重要なポイントになります。

せっかくチラシを作っても、
誰もみてくれなければ、意味はありません。

お役に立てれば幸いです。

Page 3 of 3912345102030...Last »