IMPROBIC

女性を甘くみると… 女性を甘くみると…

5月 25th, 2017

消費の中心は女性です。
家計を預かっているのも、女性であることが大半です。

ある統計によると
共働き家庭における収入は

男性6:女性4 

ですが、実際の消費支出となると

男性2:女性8 

にもなると言われています。

会社の家計、つまり経理・総務などでも多くの場合が女性です。
(物品購入、事務用品購入なども女性が多いですよね)

しかしながら、CMや広告を見ると、
作り手が男性であるためか、
男性目線での広告が、本当に多いです。

女性に嫌われるタレントを起用して、
女性向けの広告を作る、

主婦の気持ちをまったく無視した行動をとる
(ex:営業マンが、今旦那さんはいませんか?と奥様の存在を無視する発言をする)

女性対象の広告なのに
女性が好まなそうなデザインで広告を作る

身に覚えはありませんか。

仕事ではどうしても、1個人の力では変えられない
会社の組織がらみの風習や、人事もあると思いますが、
女性の持つ力を、あまく見ないほうが良さそうです…!