IMPROBIC

FAXDMの書き方・作り方 FAXDMの書き方・作り方

1月 19th, 2010

FAXDMの書き方・作り方について、
過去2回にわたりご案内してきました。

映像をご覧頂き、FAXDMを活用する理由を考えて頂きました。

さて、ではFAXDMを既に使っている方は、
反応はいかがでしょうか?

これからという方は、作成するステップは浮かんでいますか?

まず、FAXDMの大きなポイントは、
メールとは違い開封率が100%という事です。

メールならば、送信者や件名だけで、
削除される可能性があります。

しかしFAXの場合、必ず内容を確認します。

文字を全て読む事はなくても、
タイトルなどを確認します。

そこで重要となるのは、
タイトルを見て頂き、興味がわくかどうか?
そして、あの紙1枚で説明しきる事ができるか?
ということです。

まずは、他社さんから届いたFAXDMを、
見てみてください。

参考になる要素は非常に多くあります。
もちろん、参考になるというのは、善し悪し双方です。

では、結果の出ているFAXはどのような構成なのか?
自分たちでテストするしかありません。

私たちも数多くのパターンをテストし、
もちろん結果につながらなかった事もあります。

テストには何度もFAXを打たなければなりません。

そこで、お役にたてるのが、
・FAXDMのパターン、種類
・FAXDMの作り方
・フォント、サイズ
・曜日、時間
全てを実例付きで解説した、
210297secretsです。

リストの作り方から、リスト整理の仕方まで、
全てを解説しています。

平秀信創業時からのテスト結果をもとに
作られた教材です。

今、FAXDMはかなりの反応が取れます。
反応の出る媒体がまた、インターネットや携帯に戻る前に、FAXDMで結果を出して下さい。

http://www.hirahidenobu.com/210297secrets/