IMPROBIC

恋愛で見る、ニュースレター・メールマガジンの書き方 第1のステップ 恋愛で見る、ニュースレター・メールマガジンの書き方 第1のステップ

1月 23rd, 2010

2009年12月31日、平秀信の「進化の法則」という無料レポートをリリースしました。
(参考:https://www.improbic.net/con/shinka/

ここでダウンロードされる方に、アンケートを行ないました。
「今後平秀信に開催してほしいセミナー、ノウハウは何ですか?一言で具体的に」という質問です。

数千人の方がご回答くださったのですが、ランキングとしてみると

1位:コピーライティング
2位:集客
3位:セールス

やはり、予想通りの結果となりました。集客がビジネスでは重要になりますから、みなさん同じようなご回答となるのでしょう。

次に多かったのが、ニュースレターやメールマガジンの文章、作り方です。こちらは、このサイトの下にあるリンクからメールマガジンで、ステップを追って学んで頂く事が可能となるのですが、簡単にいうと、まずそのニュースレターの目的を考える事から始まります。
(参考:http://www.improbic.net/?page_id=168

最終目標は、商品やサービスを販売する事かと思いますが、そのために必要な事は何でしょうか。人間関係の構築です。

例えば、この世で最も大切としている人から手紙が1通の封筒に入って届いたとします。その封筒を開かずに、破って捨てたりしますか? まずほとんどの方はしないでしょう。
では、DMと解っていたらどうするか。逆ですよね。破ってというより、破りもせずゴミ箱行きになるのが大半ではないでしょうか?

ではどうするのか。DMやニュースレターは、一度でも自社に連絡を下さった方へお送りする事が大半です。
つまり、合コンなどに置き換えると、「自分が気になる異性の人から、連絡先を教えてもらう事に成功している」のです。

そうなると、皆さん、出会ったその日か翌日には、メールや電話をしますよね?
そこで連絡することで、「自分が連絡先を教えたんだ」という事を相手は覚えていますから、まず1つめのメールを見てもらう事ができます。

これがDMもニュースレターも同じです。
相手からアプローチがあってすぐに、連絡を1つすると、そこは高確立で目にしてもらうことができます。
そこで次に行なう事。それは信頼関係の構築となります。恋愛でもそうですね。最初に出会っていきなりプロポーズは成功確立が低いです。そこで、自分の事を知ってもらい、相手の事を考えた文章を送ります。

これが、ニュースレターやメールマガジンの第一歩でもあります。
そこからです。あらゆるテクニックやあなたのセールスを聞いてもらえるまでの関係になるには、信頼関係構築から、始める事が必要となるのです。

信頼関係が構築出来ていれば、今後も情報を喜んで受け取り続けてもらう事ができ、見込み客から逆にアクションを頂く事が出来る様になってきます。