IMPROBIC

年収が上がる呼吸法を知っていますか? 年収が上がる呼吸法を知っていますか?

10月 6th, 2016

10月は気候も良く、体育の日もあるせいか、
運動をするには、絶好の季節ですね。

特にビジネスパーソンにとっては
健康が一番の資本です。

いくら有能で、仕事ができる人でも
病気になってしまったら、
仕事どころか、会社にすら通えなくなります。

青白い顔して、
常に咳をしているような人とは
誰も一緒に仕事をしたくないと思うのが、人情でしょう。

逆に、いつも元気で明るい雰囲気の人なら、
仕事もバリバリこなしていけそうなイメージです。

健康になる為には、
毎日の生活習慣が大事です。

インプロビックには、
あなたの体力、健康をパワーアップするための
プログラムがあります。

大変人気のあるプログラムで、
実践された方からは、たくさんのお喜びの声が
届いています。

もちろん、男性だけでなく、
女性、お子様向けの解説もありますので、
ご家族全員で、取り組むことができます

健康に興味のある方は、是非こちらをご覧ください。
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/entry/

このプログラムで学べる内容を
ほんの一部だけ紹介しますと…
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・算数の成績が上がる食べ物
・子供の背を5cm伸ばせる体操
・年収が上がる特殊な呼吸法とは?
・アレルギーから開放される“自力整体”エクササイズとは?
・成功を引き寄せる特殊な入浴剤の秘密
・肌を若返らせる3つの身近な食材とは?
・教材の丸暗記を可能にする特殊な食事法
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
健康の話だけでなく、
愛や生きるためのミッションのような話もあり、
全てが総合的に学べるのが、他にはない特徴です。

https://www.naturalsuccess.jp/xpower/entry/

変わっていくもの、変わらないもの 変わっていくもの、変わらないもの

10月 5th, 2016

どの世界でもそうだと思いますが
進化の早い分野というものがあります。

例えば、ITやWEBなどは、
少し業界から離れただけでも
信じられない位に、ルールが変わっていたりします。

そして、ビジネスの世界においても、

これまでは通用していたものが、
通用しなくなっている、という経験は、
実にたくさんあることでしょう。

しかし、変わらないものもあります。

それは例えば、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)だったり
FAXDMといわれるものです。

これらの技術や知識は、一度基本を身につけておけば
これからもずっと、あなたと、あなたの会社を守ってくれます。

ちなみに、FAXDMを書くのは、簡単です。

ポイントを押さえれば
誰でもすぐに、書けるようになります。

難しいのは、書き続けることです。

多くの人が独学で書くので、書き方の基本がわからず
反応を取れなかったり、書くのに時間がかかって面倒になり、
挫折していきます。

一度、じっくりFAXDMを学んでみませんか?
それも、平秀信流のFAXDMを。

現在、FAXDMが学べるサイトはこちらです。

無料でFAXDMについて学ぶことができます。
http://www.improbic.net/faxdm/

伝説のFAXDM道場が開催されます
http://improbic-inc.com/faxdm/

FAXDM完全パックの詳細はこちらから
http://www.hirahidenobu.com/210297secrets/

1枚のA4用紙が、売り上げをもたらします 1枚のA4用紙が、売り上げをもたらします

10月 4th, 2016

FAXDMってご存知ですか?

FAXDMは、A4用紙1枚を送るだけで、
売り上げを獲得することができる、強力な手段です。

「今、ビジネスに悩む経営者やコンサルタントに教えるべきことはFAXDM である」
と平は考えています。

FAXDMは、いまだライバルが皆無です。

打てば反応があり、
しかもオンラインと違って真似されにくいものです。

オンラインが苦手な方でも
実践できるのは、大きな魅力の1つといえるでしょう。

さらに、FAXDMを送ることで
お客さんに感謝されて、リピート購入につながり
売上げが上がります。

今こそ、ビジネスの基本に戻って、
FAXDMを学んでみませんか?

下記サイトでは、無料で、FAXDMについて
学ぶことができます。
http://www.improbic.net/faxdm/

10月22,23日には、あの伝説の「FAXDM」道場が開催されます。
http://improbic-inc.com/faxdm/

※今回は、8名様の募集です。

お役に立てれば幸いです。