IMPROBIC

お客様は本質的に共感したい生き物 お客様は本質的に共感したい生き物

4月 7th, 2016

DRMの基本の考え方に、「共感」があります。

この「共感」とは、あなたが仕事に対して
どんな思いを持っているかに共感してもらう
という意味です。

なぜ共感が大事なのか、という事ですが、
共感を得ることが、私達がビジネスをする目的だからです。

仕事をしてお金を稼ぐことができるのは、
お客様がお金を払ってくださるからです。

お客様は、共感を得ることができなければ
お金は1円も払いません。

共感を得るには、

コピーライティングで言えば、
自分の考えや知識を一番
伝わりやすい表現で文章にする。

不動産で言えば、
お客さんの嫌がる営業はせずに、
「こんな家を建てたかったんだ!」とお客様のほうから
声をかけてくれるようなセールスをしてあげる。

飲食店でいえば、自分が信じた味を追求して、
「おいしい」「また来たい!」と
思ってもらえるような商品を提供し続けること。

そして、これらを継続的に行い、
常に進化し続けることだと思います。

これらの共感を得ることができれば、
あなたのビジネスはどんどん良くなっていきます。

お客様は本質的に、
共感したい・されたいという願望があります。

そして、この基本は、すべてのビジネスに
共通して言えることなのです。

この記事を見てくださっている方は、
少なくとも誰かに影響を与えたいと
感じている方だと思います。

もしも、今あなたが迷っているのなら、
自分はどんな人の共感を得る事ができるかを
じっくり考えてみてください。

それだけで、どんな事を発信していくべきかが
かなり絞られてくると思います。

より具体的で、実践にもとづいた方法を
知りたい方は、こちらをご覧ください。
http://www.improbic.net/con/drm_offline/

あなたのビジネスにスピードはありますか? あなたのビジネスにスピードはありますか?

4月 5th, 2016

こんにちは。

インプロビックの小山です。

「ビジネスってそもそも何なんだろう?」

「仕組みもよくわからないのに、
自分の力で稼げる気がしない・・」

ビジネスについて意識し始めた頃、
このような疑問や悩みを抱えていました。

ビジネスが何であるかを定義するのは
とても難しいことですよね。

「商品を売ること」「価値を与えること」
「問題を解決すること」「生きていくための手段」

多くの価値観があるので、ひとつとは言えませんが、

私は、ビジネスは物事を加速させる
ためのものだと考えています。

例えば、コピーライターを目指す人が
イチから独学で学ぶよりも、

プロのコピーライターから
『コピーの基礎を3ヶ月でマスターする方法』
という商品を購入して教わる方が、
効率的に勉強できると思います。

どのように効率的かというと、
勉強法を調べる手間や
失敗する時間を省くことができて、
必要なことだけを実践することができるからです。

その結果、一人で勉強する人よりも
短い時間でコピーをマスターすることが
可能になるという事です。

電車や飛行機などの交通手段も、
時間を短縮させる(加速させる)ビジネスです。

コンビニも、他種類の商品を扱うことで
その店舗だけで買い物を完結させることが
でき、忙しいひとの強い見方になっています。

もしも、今後ビジネスをしていきたいと
考えているのなら、

”自分の与える情報が、
どれぐらい相手を加速させられるか”

という視点も持ちあわせていると
ビジネスへの視野が広がるかもしれません。

ちなみに、コピーライターとはこんな仕事です。
https://www.naturalsuccess.jp/sandalwriter/entry/?

コピーだけを極めるな コピーだけを極めるな

4月 4th, 2016

こんな話をよく聞きませんか?

「朝バナナダイエットをやればやせるよ!」

「せどりをやれば稼げるよ!」

「写経をすればコピーのスキルがあがるよ!」

でも、一概にそう言い切れるでしょうか?

実際には、その人に合った方法だっただけで、
他の人がやっても結果を出せない事も
十分にあるはずです。

ダイエットの話で例えると、
・たまたまその人にあったダイエット法だった
・その人がやせやすい体質だった
・季節など、タイミングが良かった

いろいろな要因があっての成功なのに、
結果だけを見てしまうと、成功する確率が
低くなってしまいます。

なぜなら、全体を通して見ていないので、
偏ったひとつの方法に頼ることになるからです。

これはコピーライティングにも言える事です。

コピーがうまくなりたいから、
家にこもってオリジナルコピーを書き続けます!

と言って、コピーを書くだけの生活をしたり、

いいコピーを書くために、
余計な情報は避けようと考えて、
インプットを極端に制限しても
コピーのスキルはなかなか上がりません。

コピーライターになるためには、
コピー以外のことを積極的に学び、
学んだことをコピーのスキルで表現していく。

それがコピーライターの仕事です。

・メンターのセールスレターで勉強する
・ネタになるような体験を増やす
・マーケティングを勉強して、
それに合ったコピーを書いてみる

・人の悩みを積極的に聞き出す

など、生活のすべてが
あなたのコピーを作る要素になります。

つまり、全ては繋がっているのです。

切り離して考えることが多い方は、
何かと何かを融合させたり、
共通点を見つけるように習慣づけると、
コピーを書く視野がグンと広がります。

サンダルで世界を旅しながら
コピーのスキルを高める方法をご存知ですか?

世の中には、こういうコピーの書き方があるのです。

なければ、少しだけ覗いてみてください。
http://fbtw.me/TELsIE