IMPROBIC

起業を1ミリでも考えたことのある人へ 起業を1ミリでも考えたことのある人へ

3月 26th, 2016

自分はビジネスの事に詳しくない

ビジネスアイディアも浮かばない

今から起業なんて無理だろうか・・

そんなふうに考える方が多いです。

ですが、そんな事はありません。

あなたが、「起業」や「自分のビジネス」
というキーワードに反応していることが
何よりの証拠です。

現時点で素晴らしいビジネスアイディアを
持っている・いないにかかわらず、

頭のなかでずっと考えていると
自然と、ビジネスに関する情報が
集まってくるのです。

よく、引き寄せの法則、なんていう
言葉も耳にしますが、単純な話で、
パソコンの検索機能と同じような
働きを、脳がしてくれるのです。

ですので、
あなたが日常で受けているサービスや、
日頃、購入しているものから
ビジネスを学び取ることも可能です。

例えば、あなたが毎日立ち寄る
コンビニエンスストアです。

コンビニの中には、
本取り置きサービスを
実施している店舗があります。

これは、帰宅時間が遅い人や、
忙しくてなかなか本屋に行けない
という人のために考案された
サービスです。

お客様は、自宅付くの
24時間営業のコンビニで
注文した本をいつでも
好きな時間に受けとる事ができます。

このサービスも、画期的でもなく
ごく普通のアイディアですが、
多くのニーズに答えています。

いつの時代も
ビジネスの基本的な考えは、

「困っているひとの問題を解決する」

これに尽きる、と平も何度も話しています。

この記事を読んでくださっている方は
もうすでに頭のなかに
「ビジネス」というキーワードが
インプットされています。

なので、難しいところから攻めずに、
あなたの身の回りのことから
ヒントを得るトレーニングを
してみてはいかがでしょうか。

トレーニングを3倍やりやすくするための
レポートをご用意しましたので
こちらも参考にしてみてください。
https://pages.improbic.net/copy16daysstep.html

あなたにお話したいことがあります。 あなたにお話したいことがあります。

3月 25th, 2016

私はインプロビックの小山と申します。

1ヶ月前に、インプロビックに
入社しました。

動機は、インターネットマーケティングを
イチから学びたかったからです。

私はここに来る前、ずっと
飲食店のバイトばかりしていました。

ネットからかけ離れた世界にいながら
なぜネットビジネスに興味を
持ったのかというと、
平秀信という存在を知ったからです。

友人が「こんな人がいるよ。
きっと好きになれると思う」
とススメてくれました。

最初に平を動画で見たとき、
彼は全身に油を塗った姿で、

「私を信じてください」

と真剣に話していました。

裸で野菜ジュースをゴクリ、ゴクリと
飲む姿は、まぶたに焼き付いて離れません。

ネットビジネスに興味を
持ち始めたばかりの頃は
正直なところ、

右手の人差指で
タイピングをしていました。

その他には、

・グーグルが何かもわからない
・ネットカフェに行っても、PCの電源ボタンがわからず漫画を読んで帰ってくる
・マックのトラックパッドの使い方がわからず、同じページをボヨンボヨンさせていた
・解析や、数字で捉えることなど自分には一生不可能だと思っていた
・ブログに書くことがわからず、よくわからない精神論を書きまくっていた
・アフィリエイトの仕組みを何度説明されても、理解できなかった

このような人間でした。

今日で入社して1ヶ月になりますが、
できるようになった事がこんなにあります。

・タイピングが早くなった
・DRMの仕組みを理解している
・ブログの解析結果を見て、
ある程度理解ができる
・DVDの取り込み作業ができる
・画像加工ができる
・コピーライティングを学んで実践している
・コストをかけずに集客できる方法がわかる
・SNSの利用目的が理解できる

思いつくだけでも、
これだけの事が1ヶ月で
可能になりました。

まだまだ書ききれないので
わかりやすく具体的に
レポートにまとめました。

よろしければこちらを
読んでみてください。
https://pages.improbic.net/copy16daysstep.html

自分の強みがわかったら、何を売りたいですか? 自分の強みがわかったら、何を売りたいですか?

3月 18th, 2016

いまの仕事に漠然とした
不安や不満を持っている方。

やりがいが感じられず、

自分は一体誰のために毎日
働いているのか、疑問に思っている方。

平が独立した時、
まず最初に、やりたくないことから
決めたそうです。

独立しても、これだけは絶対に
やりたくないこと、という意味です。

平は、工務店に努めていた時代から、
”お願い営業”が大嫌いだったと話します。

頭を下げて、「買ってください」と
言うのが耐えられなかったといいます。

なので、独立して家を売るときは、
文句をいうひとには最初から売らない、
と決めていました。

そんな勝手な考え・・!

と思うかもしれませんが、これは
お客様を下に見ているということでは、
決してありません。

広告を見て「買いたい!」と
言ってくれたひとだけにお売りする
という、DRMの手法なのです。

あなたの現在に置き換えて
考えてみましょう。

あなたは、いまの仕事に満足できず、
でも自分がなにをしたいのかを
はっきり口にすることができない、

そんな感情を抱えているのなら、

まずは
「人生のうちで、これだけは
絶対にやりたくない」と思うこと

これを明確にしてみてはどうでしょうか?

あなたがいま、インターネットビジネスに
携わっているとして、
なにを売ればいいのかがわからないのなら、

売りたいものを見つけるよりも、
絶対にこれだけはしたくない、売りたくない
と思うものを決めるんです。

なぜ、このようなことを
するのかというと、

やりたくないことを先に決めると、
やりたいことが、より明快になるからです。

例えば、
「わたしは、再現性のない商品は絶対に売らない」
と決めたら、

あなたのやりたいことは、
「誰でも、実践すれば成功する商品を売る」
ことになります。

「返金保証をつけておいて、
返金を渋ることだけは絶対にしたくない」
と考えるのでしたら、

「すべての商品に、返金保証をつける」
というように、やりたいことがはっきりします。

あなたが現在サラリーマンで、
将来、独立を考えている場合、

「クレームを処理するだけの仕事はしたくない」
なら、
「クレームがこない完璧な商品をつくる」
という目標ができます。

「時間も場所にも、人にもしばられたくない、」のでしたら、

「パソコン1台で完結するビジネス」を
することが、あなたのやりたいことになります。

これからビジネスを自分の力だけで
立ち上げていくのは、エネルギーがいることです。

ですが、最初に、
これだけはやりたくないことを決めてしまえば、
それ以外のことはなんだってやる、と
覚悟することができるのです。

覚悟ができない状態は、
起業したい、いまの現状を変えたいと
思っているひとには、苦しいと思います。

最初から、これ一本でやっていく!と
決めるには難しいと思いますので、
まずは、絶対にやりたくないことを
決めてしまうのはいかがでしょうか?

そこから、自分でも気が付かない
新しい道が生まれるかもしれません。

https://www.naturalsuccess.jp/sandalwriter/entry/