IMPROBIC

自由や楽な生活に慣れると… 自由や楽な生活に慣れると…

5月 20th, 2015

人は成長・進化していく生き物です。

しかし、「成長・進化」を妨げるものがあります。
それは何だと思いますか?

答えは「自由」です。

意外に思いましたでしょうか?

成長、進化、自由と、どれも素晴らしい言葉のように思えますが、

好きな時に好きな事をして、
自分の都合ですべてを行う。

どんなに己を確立した人間でも、
自由すぎると成長しないのです。

自由は楽ですが、
楽を求めたら、進化はありません。

もし自分が「進化」したいと思ったら
楽と思う、逆の道をいかないといけません。

自主的に、自分を自分で管理していく。
この姿勢でいきましょう。

ではどうやって、自分を管理するのか?ですが

「一定時間一つの事に集中して行う。
それを毎日同じ時間に繰り返す」ことが重要です。

一定時間とは、50分です。

もし50分間、同じ仕事を繰り返し、
それを10年続けていたら、どうなるでしょうか。

例えば、ブログを書くとします。
テーマを「売れるコピーライティングの方法」とします。

その内容を、毎日50分書いていたら
1年もたたないうちに、その道の専門家になり
書いた内容をまとめれば、本にも教材にもなります。

一定時間、集中して、毎日同じ時間に同じ仕事を繰り返して行う。

これほど結果に直結する、強力なノウハウはありません。

どうもここ数年、
進化や成長が止まっているなと感じている方は
是非、試してみてください。

お役にたてれば幸いです。

子供に幸せいっぱいの人生をプレゼントする方法 子供に幸せいっぱいの人生をプレゼントする方法

5月 15th, 2015

あなたは病院で生まれましたか?
それとも自宅で、産婆さんにとりあげてもらいましたか?

今でこそ、出産は病院が当たり前で、
自宅出産する人は、ごくわずかかもしれません。

しかし昔は、自宅で出産する人の方が
圧倒的でした。

意外に思われるかもしれませんが、
「出産」において、医者はあまりでてきません。
赤ちゃんを取り上げるのは「助産師」さんです。

つまり、お医者さんがいなくても
出産は十分できる、ということです。

ちなみに、病院で出産すると、
出産時に、なかなか赤ちゃんが出てこなければ、
陣痛促進剤が使われます。

筆者も出産経験があり、
陣痛促進剤を使いましたが

医者から筆者への説明は
「時間かかっているから、薬使いましょう」
と、たった一言。

その後すぐに、助産師さんに
「OKなので、薬お願いします」
と指示が出ていました。

促進剤を打つということは、どういうリスクがあるのか
何も説明もないまま、よくわからないまま

全ては、病院のマニュアル通りに、
時間通りに事が進められます。

また大抵は、産まれた瞬間に、
母親がいるベットとは別の、違う台に乗せられます。
続いて、抗生物質の目薬をさされたり、身体計測が行われます。

病院によっては、
「はい、お母さんの顔見ましょう」と言って、
親の元に連れてこられたかと思うと

「はい見ましたねー」といって
すぐにベッドに戻されます。

そこには、産まれてすぐの赤ちゃんに、
「よく生まれてきたね、ありがとう。愛しているよ」
と話しかける時間や余裕はありません。

しかしです。

産まれた瞬間に、子供がお母さんに抱きしめられて、
「愛しているよ。大丈夫
だよ。あなたには使命があるのよ」
と言われ、

安心感の塊みたいな精神でつつまれるなら
どんなに幸せな人生がスタートできることでしょう。

病院や親の都合に合わせる生まれ方ではなく、
赤ちゃんが出てきたいタイミングで、
生まれるまでずっと待っていてくれる、出産スタイルだったら…。

あなたの子供には
幸せ溢れる、人生のスタートをプレゼントしてみませんか?

子供に幸せな人生をプレゼントしたい方はこちらをご覧ください。
https://www.naturalsuccess.jp/xbaby/forxpower

女性だけでなく、男性からも
新しい気付きがあると好評です。

病気治療時に強く意識しておきたい「3つのマインドセット」 病気治療時に強く意識しておきたい「3つのマインドセット」

5月 12th, 2015

あなたは健康に自信がありますか?

「病は気から」という言葉もありますが、
病気、という言葉にとらわれてしまうと、
どこまでもテンションが落ちてしまいがちです。

しかし、笑っていたら病気が治った、
という話もあるように、

心の持ちようは、病気回復時の
重要な鍵となります。

そこで今日は、
病気治療時に強く意識しておきたい
「3つのマインドセット」をお伝えしたいと思います。

治療の成功確率が劇的に向上する、
元気になるための考え方です。

インプロビックがお伝えするのは
ビジネスのマインドセットだけではありません…!

<その1 現実を直視して受け入れること>

多くの人が病気なると『病気のせい』に
してしまいます。

そして自分は不幸にも病気に冒されている、
という考えを持つようになります。

つまり被害者だと勘違いをします。

どんな時でもそうですが、被害者マインドに
なってしまうと人間は力を失います。

被害者=無力

という自己洗脳をかけてしまうのです。

これが病気が治らない
大きな原因の一つです。

つまりは、
『病気に冒されるのではなく、
 自ら病気の原因を作っている』

ということです。

なので
その現実を直視して受け入れることが、
何よりも病気を最短で完治する方法なのです。

<その2 最終的に「治す」のは自分の体>

お医者さんが行ってくれることは
「治療」ではなく「応急処置」です。

骨折した時には、
ギプスをはめたり、レントゲンを撮ってもらいますが、
これらはいわゆる、病院で行われる「応急処置」です。

その後は、体が自然と傷口を治していきます。

つまり、

『あなたの体が勝手に治している』

という事になります。

病気に注目しても全く同じことが言えます。

肝硬変や心臓病になっても「処置」をしてくれるのは
お医者さんですが、
最終的に「治す」のは自分の体です。

これは専門用語で『自然治癒』と呼びます。

風邪をひいた時には、薬を飲むよりも、
暖かくしてゆっくり休む方が、早く良くなるのも
同じ原理ですね。

<その3 古来から伝わる『命の知恵』を侮らない>

実は症状を安定させるのと同時に、
自然治癒も高める不思議な手法が
伝統的に存在していたのです。

古来から伝わる『命の知恵』の中には
こういった理にかなった医療法が
たくさん存在していました。

が、現代医学では製薬会社との絡みなどもあり、
過去の有益な手法が隠滅されている傾向があります。

この3つを意識するだけで
病気はかなりの確率で
短期的に治すことが可能になります。

今、体の不調でお悩みの方の
参考になれば幸いです。