IMPROBIC

倒産の危機から完全復活できます 倒産の危機から完全復活できます

1月 7th, 2016

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今日は、工務店経営を真剣に考えている
会社さまのみご招待の
無料セミナーのご案内です。

工務店、リフォーム会社の方で、  
もし、あなたの会社が

1、お客様がいない 
2、利益がでない 
3、契約できない

この3つの、どれかに当てはまるなら、
こちらのサイトをご覧ください。
http://builder01.com/seminar/160121/

嘘のように解決できます。

倒産の危機から
2ヶ月で完全復活したステップを公開する
シークレットセミナーを開催します。

※工務店経営を真剣に考えている会社さまのみ、
無料でご招待させていただきます。

ハウスメーカー、大手ビルダー、コンサルをされている、
工務店さまの参加は、固くお断りいたします。

セミナー日程です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・日程 : 2016年1月21日 木曜日
・場所 : 東京都中央区
・時間 : 午後1時から5時まで
・講師 : 株式会社エルハウス 代表取締役社長 平秀信
・主催 : 株式会社日本ビルダーズ
・参加費 : 無料(本来は35,000円です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セミナーでは
「今すぐ家を建てたい!」見込客だけを
月67件から280件獲得する、最新の方法

「賃貸住宅囲い込み法」を伝授いたします。

工務店経営を真剣に考えている会社さまのご参加を
心よりお待ちしております。

無料セミナーですが、特典もご用意しております。

<特典1>
新行列のできる工務店の3つの秘密

<特典2>
年間24棟を受注できる「初回アポ獲得法」
音声解説20分、ダウンロード可能

<特典3>
設計契約から本契約へ契約率が90%の実績
「家作り相談申込書/設計申込書」をもらう方法(実例付)

お申し込みはこちらからできます。
http://builder01.com/seminar/160121/

あなたが嫌われる理由 あなたが嫌われる理由

12月 25th, 2015

商売をされている方なら
お分かりかと思いますが

お客さんがいないことには
商売はなりたちません。

お客さんを呼ぶ手段は
ホームページ、DM、チラシ、セールス電話など
いくらでもありますが、

自分の言いたい事だけを言ってしまう広告では
お客さんは話を全く聞いてくれませんし、
あなたの会社の商品が、大嫌いになるだけです。

人間関係でも
自分の自慢話ばかりする人に対しては、
誰もが距離をとり、嫌悪感を覚え

その内、その人が近くにくるだけでも
逃げたり、避けたりするようになるのと同じです。

あなたが、自分の商品の自慢話だけをし、
お客の都合を何も考えずに、
セールス電話をしたり、アポなし訪問をしていたら

あなたはお客さまから、
完全に嫌われてしまいます。

ではどうすれば良いのでしょうか。

お客さまの感情を考え、
何を必要としているのか?
何を不満に思っているのか を考えください。

具体的には
お客の感情をベースに広告を作り、圧倒的な数のお客を集める
お客の感情をベースにダイレクトメールを作り、圧倒的な数の成約を取る
お客の感情をベースにお客とのつながりを保ち、固定客を増やす

このマーケティング手法を
「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」と呼びます。

2016年は、商売の基礎をしっかり固めて
たくさんのお客さんを呼び込みましょう。

年明けから、すぐに商売繁盛を狙うなら
今すぐクリックして下さい。
http://www.improbic.net/con/drm_offline/

感謝のメールがたくさん寄せられました 感謝のメールがたくさん寄せられました

12月 14th, 2015

仙人さんの喉の調子が悪く、
音声コンテンツをお休みしていた時期がございました。
(現在は復活しております)

その間、たくさんのお客様から、
励ましや温かいメッセージをいただきました。

「いつもありがとうございます。
仙人さんが回復されるまで、いつまでも待ちます」

「期末セミナーではありがとうございました。
期末セミナーで無理をされたのでしょうか。
回復をお祈りしています」

「いつも素晴らしい内容をありがとうございます。
ゆっくり休んで、また素晴らしい音声を届けて下さい」

他にも
「正直音声がたまる一方でしたので、復習ができる絶好のチャンスです」
「これで返金要求する人は、価値をわかっていない人ですね」

といったお声も、たくさんいただきました。

もちろん、厳しいメッセージも
ごく少数ではございますが、頂戴いたしました。

メッセージを下さった皆様、
本当にありがとうございました。

全てが、弊社の力となり、学びともなります。

いつも本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。