IMPROBIC

反応がとれるチラシのルール 反応がとれるチラシのルール

3月 10th, 2017

チラシでお悩みはありませんか?

・チラシのデザインが思うようにいかない
・基本がないから感覚で作ってしまっている
・反応がとれず、広告費を毎月無駄にしている・・・

特に「反応がとれず、広告費を毎月無駄にしている」会社は
とても多いはずです。

筆者の家のポストにも、住宅会社からは
いつも同じ内容の、とても読む気にならない
つまらないチラシが、週に1~2回入ってきます。

宅配弁当屋からは、ただメニューの写真だけが掲載された、
とても読む気になれないチラシが、2週間に1回入ってきて、
近くのゴミ箱に捨てられています。

もったいない話です。

チラシって実際、どれ位見る人がいるんだろう?
と思われるかもしれませんが、主婦であれば、
ポストや新聞折込に入ってくるチラシは、全てチェックします。

この中で、毎回同じ内容の、代わり映えのないチラシは
ざっと目を通して終わりにします。

面白そうなイベント情報がのっていたりする、
いわゆる、自分にとって得なチラシは
きちんと保存しておきます。

つまり、「自分にメリットがある」
と読み手に思わせるチラシであれば
きちんと読まれる、ということです。

チラシや広告を作成する時には、知っておかないといけない
最低限のルールがあります。

デザインにはひとつひとつに
意味があり、守るべきルールがあります。

良く出来たデザインには、
お客様は正直に反応を示します。

この広告デザインのルールが、1冊の本になるのですが
1つ条件があり、あなたの力が必要となります。
その条件とは…
http://improbic.net/lp/designbook/

天才的な企画を生み出す方法 天才的な企画を生み出す方法

3月 9th, 2017

素晴らしい企画って、どうやったら生み出せるのだろう、と
思うことはありませんか?

天才的な企画は、以下の手順を踏むだけで出来ます。

1、ビジョンを描く

2、アイデアを出す

3、PPTの企画書にまとめる

4、プレゼンする
面白かったらOK。ダメなら改善

5、チームを組む

6、戦略を立てる

7、実行する

以上7つのステップを踏み、天才的なアイデアを出し、形にします。

企画を考えるコツはただ一つです。

お客さまを喜ばす、非常識なアイデア!
(非常識の定義が普通と違いますが)

これだけを頭に置きます。

そして、「あるもの」を見ます。

「あるもの」の中から、これは行ける!
と思うものを自分なりの形にする。
これだけです。

そうすると、嘘のように簡単に、
とんでもないアイデアがでます。

お役に立てれば幸いです。

PS:
「あなたのアイデアを現金化する方法」はこちらです。
http://www.improbic.net/con/drm/beginner/

優秀な社員の育て方 優秀な社員の育て方

3月 7th, 2017

経営者、マネージャー、人事担当の方、
社員教育や採用時でのお悩みはありませんか?

特にこれからの時期は、新入社員への研修も入ってきます。

弊社、網倉博著書の
「社員が勝手に稼いでくれる仕組み」の本を読むと

何を言わずとも、勝手に稼いでくれる
優秀社員の採用法から育て方や

社員全員を「売る集団」「戦う集団」に変えてしまう
心理学的サバイバル術を知ることができます。

たとえ、あなたが目の前にいる「ズボラ」社員に
手を焼いていたとしても、
この方法により、その社員の目の輝きは変わり、
稼ぐために勝手に行動を開始することでしょう・・

「社員が勝手に稼いでくれる仕組み」の内容を
ほんの少しご紹介しますと

・わが社が証明!現場が自ら動いて稼いでいるという事実
・「活躍の場」を与え、未来を語れ!社長のためのリーダーシップ論
・従業員に「活躍の場」を与える時のポイント
・「5段階の心理アプローチ」を用いて従業員に活躍の場を与えよう!
・「仕組み」を回転させて次のステージに進もう!
・「経営者マインドを秘めた人材」の採用のやり方

読者さまからの声です。

「誰かを雇いたい!」という気持ちを最近持つようになり、
そんなとき、こちらの本を知り、すぐに購入させていただきました。
内容では、「5つの心理段階」は目からウロコでした。
前職で、1や2段階の人に4を求めていたことを知って
「だからうまく伝わらなかったのか」と痛感致しました。

担当編集者のコメントです。

平秀信流リーダーシップ、網倉博流マネジメント、そして、
それらを「再現性のある仕組み」に落とし込んだ、
5段階の心理アプローチ、仕組み化の5つのステップを、ぜひその目でお確かめください。

絶対に損はさせません。

私は10年を超える編集経験ですが、
今回の本は、著者と本気で渡り合えた内容と自負しております。
妥協しておりません。

安易なリーダーシップ本、部下指導本ではありません。
ぜひ、ご一読賜れば幸いです。

本の詳細は、こちらからご覧いただけます。
https://www.amikurahiroshi.com/feature/?page_id=37

Page 7 of 92« First...56789102030...Last »