IMPROBIC

メディア戦略 メディア戦略

4月 1st, 2010

以前、インプロビックでインターンとして働いている中国事業部のPartakerが新聞に掲載された事を書かせて頂きました。

そのPartakerが先月、中国に行ってきたのですが、今度はテレビに出演して帰ってきたのです。

彼は大学を卒業し、この春からは大学院生になるのですが、うまくメディア戦略を活用しています。

1.メディアに出れる戦略を組む
2.メディアに出る
3.メディアに出た事を活用する
4.ビジネスで結果を出す
5.4の結果を使い、より大きなメディアに出る
6.社会的な地位を確立、ファンを作る

というような流れを組んでいくと、あなたの会社のファンがさらに増えてくるでしょう。

Partakerの出演シーンは以下よりご覧ください。
http://partaker.exblog.jp/13048705/

追伸:
メディア戦略として最も有効なテクニックやスキルは、出版です。出版戦略については、以下をご覧ください。
http://www.hirahidenobu.com/publishsales/

清水寺に存在する真っ暗闇の世界 清水寺に存在する真っ暗闇の世界

3月 23rd, 2010

先日の3連休、京都に行ってきました。
京都で二条城、清水寺と少し早い春を感じてきたのですが、清水寺に「神様のお腹の中」とされるような、真っ暗なスペースがありました。

明かり一つ無く、目の前の人にぶつかっても、人が見えない。そんな真っ暗闇を壁つたいに進みます。

何も見えない世界を歩き進むのはとても怖い事です。ありがたい事に両目裸眼でいる事ができる私には、ここまで暗闇が怖いとは思っていませんでした。

ここで歩きながら思ったのですが、ビジネスでも同じですね。

ビジネスでも、こらから先に何をやるべきなのか?逆にその先に何が待っているのか?どういう事態がおこりうるのか?それがわかっていないから怖く進めない。

という状況に陥りやすいという事はビジネスも一緒だなと。。。

先が見えれば、シュミレーション出来ていれば、怖さは薄れ、先へと進み続ける事が楽になるでしょう。

これは、社員教育でも同じと言えます。

よく、上司があたふたすると、部下は怖いというような事を言いますが、それはあたふたするから、先が見えなくなってくる。そして恐怖にあおられ、自分がいる環境に不安を覚える。

というような流れが起こる。

何にでも、光がなければ、自分で光をつける必要がある。そう気づかされました。

さて、最近、見込み客を獲得するという事について、弊社からお届けしているメールで触れる頻度が増えていますが、その、見込み客の集め方には様々なパターンがあります。

どのようなパターンがあるのか?以下のURLで、今後学んでいただく事が可能となります。見込み客獲得の方法は、いろいろとあります。
音声も公開しておりますので、是非お役立て下さい。

https://www.improbic.net/con/senkyakubanrai/13pattern/

平にインタビューしました 平にインタビューしました

3月 19th, 2010

先日、平にインタビューをしました。

お客様の悩みをリストアップしたものを、
平に聞き、次々と答えてもらうというものです。

悩みはビジネスから生き方まで多岐に渡りました。

しかし、不況の影響からか、
集客についての悩みが一番多かったです。

ガソリンスタンドを経営しています。

今、ガソリン業界は厳しく、
燃料で儲からないため、
洗車・オイル交換、タイヤ交換などの
カーメンテナンスの分野で利益を補わないと生き残れません。

「カーケアをいつまでにどれくらいやるんだ?」
「タイヤは絶対に達成しろ!」

と社員に怒鳴っても、お客が来ないのに、
どうしようも出来ないことはわかっています。

私がセールスしやすい環境を作ってあげなくてはと
感じているのですが、一歩が踏み出せずにいます。

平の答えはすぐに出てきました。

これ、簡単です。
圧倒的な●●をすればいいのです。

と、実例を交えて、
小予算でお客様を集める本質を話してくれました。
※このインタビューは後日お届けさせていただきます。

そして、すべての集客の悩みを聞いて、
最後に平が出した結論は、

「DRMをもう一度教えないと。
 これじゃ、食ってけないよ」

でした。

————————————————–
まずは、今必要とされている13種類の集客法を公開!
————————————————–

集客と商品の関係、ビジネスの本質など、
基本的なところから、
今の時代を生き抜くためのDRMまでを
これからお伝えしていきます。

希望される方は、
以下のページの音声を聞いて、
メールを登録してください。

http://www.improbic.net/con/senkyakubanrai/13pattern/

平が考えるこれからの時代のDRMについて、
連絡させていただきます。