IMPROBIC

Appleに学ぶWebマーケティング Appleに学ぶWebマーケティング

2月 9th, 2010

WEBサイトの制作で、とても重要なのが閲覧者から見た、第三者的な目線、観点なのは言うまでもありません。

弊社でも、メンバーが様々な情報を集め、そして顧客体験を繰り返しています。
FAXDMを担当するものならば、徹底的にFAXDMを受信して、見るという事を行ないますし、WEB担当者なら、徹底的にWEBサイトを見ます。セールス担当、つまり全員なのですが、セールスを実際に受けて体感し、そして自社のセールスに置き換えるという事を繰り返しています。

その中で、顧客体験をしている内に、本当にその会社のファンになってしまう事も多くあります。
たとえば、パソコンでは、WindowsとMachintoshが有名ですが、弊社でも2人がMacの素晴らしさに惚れ込んだ人間がいます。もちろん、デザインだけでなく、使い勝手やパソコンのパフォーマンスにもです。

それもそのはずで、よく、ウェブクリエイター達の中で、Apple社のサイトが例に上げられます。
AppleのWebサイトは、非常によく出来ているためです。例として出さざるを得ないような出来具合です。

成功しているEコマースサイトと言えるのですが、そのマーケティングにおいて、徹底的にこだわり、そして反応の出ると言いますか、そこまでやれば、結果につながるよ。と思わざるを得ない程に、手がかけられています。

DRM的には、逆の部分もあるというのは、確かですが、結果につながっているのは事実です。
たとえば、キャッチコピーと商品名の順序。

DRMはまず、キャッチコピー、そして後から商品名ですが、
Appleの場合、既にプレゼンテーションを行い、商品名でユーザーが求めてくるので、商品名が最初に来て、そしてキャッチコピーになっています。

これらの違いもありますが、1人の顧客として、Apple社のサイトを訪問してみて下さい。
多くの気づきが得られる事は間違いないと思います。

Appleのサイトについて解説されているサイトがありましたので、URLを記載しておきます。
http://designshack.co.uk/articles/inspiration/15-design-tips-to-learn-from-apple

追伸
上記は英語サイトですが、これらのサイトから弊社では学びを得て、そしてテストし、結果につなげています。英語を学びながら、ビジネスにつなげるには、このレポートをご覧下さい。
http://www.improbic.net/con/105man/

フィリピンまで追いかけて・・・ フィリピンまで追いかけて・・・

2月 8th, 2010

昨日、「夫と妻の衝撃告白」セミナーのサイトに書かれている文章を読み直していました。
なぜ、読み直したのか?というと、非常に興味がありながら飛ばしてしまっていた部分を、ゆっくりと読むためです。

その部分はどこかというと、
■妻の許せない言動・修羅場
■夫の許せない言動・修羅場
についてのアンケートです。

希望とは反対の結果に・・・と書かれていますが、まさしくその通りです。
これは、非常に面白い、そして「そんなバカな?!」と思ってしまうような事が書かれています。

プレジデント社の記事の抜粋と書かれているので、本当なのでしょう。
にしても、「フィリピンパブに通い、フィリピンまで会いに行った」とか、「不倫現場に踏み込まれた」とか。。。私は、運よく?まだこのような境遇に立たされていないので、わかりませんが、実際問題このような状況になるというのは、相当、双方が相手への不満をためていたのでしょう。

しかし、これらを読むとわかる事は、相手に多くを求め、そして自らがあまり提供をしていない。相手の感情を考え足りない。なんて事が多いのではないか?という事です。

もちろん、不満は出てきますが、不満を最小限に抑えることも可能でしょうし、ため込む前に解決できるものも、出てくるはずです。
にしても、恨み合っているのではないか?と思えるほどの内容です。

衝撃を受ける方もおられれば、身に覚えが・・・という事もあるのではないでしょうか?
同じ経験をしている人がいるというのは、何か思い当たる共通項が出てくるかもしれません。

妻、夫の許せない行動・修羅場はこちらよりご覧いただけます。
http://www.psygram.jp/syougeki_couple/

なぜ、情報を発信し続ける必要があるのか? なぜ、情報を発信し続ける必要があるのか?

2月 4th, 2010

情報を発信し続けるという事は、クライアントさんのため、そして自分自信のためとなります。

例えば、ブログにしても、なかなか書き続ける事が出来ないなんてことがあります。もちろん私自信もそうでした。そのころはと言うと、ブログ書こうと思っても、ネタがない。そしてネタを探す。なかなか見つからない。その結果続かない。という事に陥る不のサイクルで循環してしまいます。

なので、ネタ帳をひとつ持ち、毎日気づく事があれば、メモする。そうすると、ブログのネタをあえて探す事を行わなくても、そのメモ帳がネタ帳となっているため、メモもみればブログが書ける。

という事になってきます。

まずは、何が何でも書き続ける。それも毎日でなくてもかまいません。
2,3日に1回書けば、1カ月後おのずとあえてネタ帳なんて持ち歩かなくても、記事更新のネタをあえて探さなくても、ブログを書こうと思ったときに、自然にネタが頭に浮かんでくるはずです。

人生経験の長い方であれば、長いほどに、過去の経験がよみがえってきます。過去にした自分の経験と、新たな気づきが合わさり、情報の価値がより高まって、そしてブログの読者を引き込む事が出来ます。

ファンが増えれば、それだけ、さらに楽しくなり、また記事を書ける。というサイクルで回り始めます。
そうすれば、1年もたてば、ブログの記事が多くなり、あなたの知的財産がひとつ出来上がってきます。

まずは、情報を発信し続けるという事を行ってください。
ひとつ、文章を書くコツをつかんでしまえば、あとはメールマガジンも、FAXDMもニュースレターも、全てで文章が書けるようになってきます。
もちろん、書き方といいますか、文章の流れなどは用途や状況で変わってきますが。

日経アソシエさんなんかも、同じだと思っています。
雑誌があるから、WEBにも文章を載せる事ができ、そして雑誌や記事をリリースし続けることで、お客さんが増え、そしてバックナンバーという財産が生まれます。

Page 92 of 100« First...1020309091929394100...Last »