※集客やリピートにお困りの経営者、ビジネスマン必見

ライバルが誰も実践していないライブラリー・シークレッツ・メソッド

「私は、積水ハウスセールス時代に、学んだノウハウを使い3年間の試行錯誤することで、働く時間を半分にして、今までの2倍の売上を、タタキ出すことが、できました。」

「社員が私の元から、全員去ってしまい、会社からクビになり、またゼロからスタートしなければならなくなったとしてもこの方法さえ知っていれば、この方法さえ知っていれば、また稼ぐことは出来るのだよ

そんな常識を覆す、あなたのライバルが誰も実践していない方法が、『ライブラリー・シークレッツ・メソッド(LSM)』です。

株式会社インプロビック
専務取締役
ERIC AMIKURA

12月28日 6:00am TSUKASA SUGIYAMA

新規客を、着々とリピーターにし、あなたの前に来る日も来る日も、お客さんの列がやってくる、『集客用ミニ図書館』をオフィス、店舗に増設する方法を、あなたはもう既に、ご存知でしょうか?

あなたの会社のリピーター、
集客数を30日以内に2倍以上にすることは果たして
本当に可能なのか?

「ハイ!可能です」

私に、49700円ください。
あなたに、そして売れないダメセールスマンの社員に、
時間をかけずに売上を200%UPさせる仕組みをお教えします。

そして、お話しする「一つのこと」を「1ヶ月以内に行ってください」

30日後に全く効果がなく、満足いただけなかった場合、
いただいた金額49700円は全てお返しいたします。

まずは、ERIC AMIKURAの声を聞いていただきたいのです

Alternative content


LSMの特徴を音声で聞くことができます

ほとんどの業界の、経営者の悩みとは?

実際にこの手法を使って、お客さまと必ずアポをとり、
そして成約させることは、本当に可能
なのです。

なぜ、集めたお客さまをあなたの会社に来てもらう、リピートしてもらう必要があるのか?

ERIC AMIKURAは、現在、毎月200名ほどの中小企業の最前線で
TRYし続けている経営者やビジネスマンから、さまざまなご相談を受ける立場にいます。

さて、彼のところに集まる、悩みのTOP1は、何だと思いますか?

それは、「集客」お客が集まらないこと、です。

そしてせっかく集めたお客を、時間も労力もかけて打合せして、
提案したのにも関わらず、ライバルに持っていかれてしまう、、、
ほぼ9割の悩みが、この悩みです。

ではなぜ、お客が集まらないのか?

その答えは2つあります。

1.見込み客を集めるための最適な手段を使っていない
2.社員が、集客、リピートすることに関係ないことをやっている

◎あなたの前に来たお客さまが、確実にもう一度あなたの目の前に来てくれて、
 完全にあなたのペースで話を持っていくことができる。

◎新規のお客さまの興味を確実に掴み、お客さまが気がつかない内に、
 あなたの優良顧客になり、しかもそれが安定的に続く。

◎口コミでさらに、知らないうちに紹介を呼ぶことが出来る。

もしこのような状態になったらどうでしょうか。

おそらく、何の不満も無く、ビジネスを勧めることができるでしょう。
つまり、あなたは安心して、社員も活き活きとしながら、
幸せな毎日を過ごすことができます。

つまり、お客さまをあなたの目の前につれてくること、
そしてあなたのファンにして、リピートしていただくことは、
ビジネスを行う上で最も重要となるのです。

もし、不安があるとすれば?

逆にあなたがお客さまを集めたり、リピートさせる仕組みを
作らなかった場合どうなるのでしょうか?

そもそも、あなたが作ったニュースレターやHPがいくら優れていたとしても、
社員のマネジメント力がずば抜けて、秀でていたとしても、
お客さまがいなければ、会社は倒産してしまいます。

残された社員は路頭に迷って、あなたに手を差し伸べてきます。

新しく始まったビジネスの9割がうまくいかない理由は、
つまるところ、「集客」が無い、そしてリピート出来ていないからなのです。

一昔前は集客に力を入れなくても商品は売れた・・・

ERIC AMIKURAの積水ハウス時代の営業では、お客さまとのファーストコンタクトは住宅展示場でした。

そこには、常にお客さまがいて、展示場にいれば、
お客さまに困ることはありませんでした。

しかし、それは、たまたまラッキーなお客さまと、
運良く巡り会って契約に持ち込めたものの、
上手くいったりいかなかったりの繰り返しだったそうです。

あるとき、彼の奥さんが
「ディズニーランドへ、家族で行こうよ」
と言い、彼は当時、会社が平日の水曜休みだったので、その計画を立てました。

前日の夕方、一本の電話が鳴りました。

「あのー、見積もりだして欲しいんですけど、木曜に会えませんか?」

当時、売上はあっても、見込み客が全くいないことに対して、
初めてバンジージャンプをする直前の様に、
恐怖で震え上がって、いたそうです。

なので当然、
「分かりました、ぜひ、やらせてください!」と言います。

心の中では、

(どうしよう、家族でディズニーランドに行く約束をしてるけど・・)

結局、仕事を優先させて、家族と大喧嘩を起こして、
父親としての信頼を、どん底に落としてまで、
休みの日に見積書を作り、次の日のアポにこぎ着けました。

結果どうなったか?

次の週の月曜日に、連絡してみると、

「あー、すみません、やっぱりやめましたわ」

ものの15秒の電話でした。

当時は必死に、どうにかして仕事を取ってこようと、
家族を、信頼を、裏切るようなこともして、チャレンジしてきましたが、

長続きはしない・・・そう思い始めていたのでした。

自分なりに、あれこれ本で、読んだり、
セミナーで教えてもらったことを実践しても、結果は虚しく、失敗の連続だったそうです。

しかしある時、まったく今までの常識を覆す方法と出会ったのです。
それが、「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」でした。

今、ほとんどの経営者が一度は耳にしたことがあると思いますが、
当時は、画期的な手法でした。つまり、成果が出たのです。
もちろん、あなたもダイレクトレスポンスマーケティングを
取り入れたビジネスを行って成果を出しているかと思います。

ただ、彼が行った方法は、誰一人として、
ライバルが行っていない手法で、継続的に契約数を
上げていったのです。

その手法の一つが、今回あなたに伝える、「ライブラリー・シークレッツ・メソッド(LSM)」という手法です。

そしてこれは、驚くほど簡単に、
お客さまを集め、確実にリピートさせるものです。

画期的なのは、小学生でもできる、ということです。

それは、「本」を「貸す」という方法です。

それが、なぜ確実にリピートを生む方法なのか、疑問に思いましたか?
この問いに、お答えしましょう。

ベテランの営業マンが、ライバルに負けるパターンは一つしかありません。

超トップセールスマンに
「どんな営業マンと競合すると怖いですか?」
と聞くと、どう答えるでしょうか?

自分(超トップセールスマン)と同じ方法を使っている人でしょうか?

違います。

超トップは自信満々でエネルギッシュなので、その場合は勝てるわけです。
答えは、新人営業に通われた時です。

何度も通って人間関係が出来ると、お客さまが、「かわいそうだから」と言います。

ここで言うメリットの1つ目として、
「本を貸すこと」によって「本を返す」という作業が出てくるわけです。

ということは、一冊の本を貸すと、最低でも2回は会えるわけです。
もしくは、お客さまが2回、あなたの事務所や展示場に来場することになります。
それがメリットの一つにあります。

今は、事務所や展示場にお客さまが来ることは、年々難しくなっていますね。
なぜなら、セールスされるかもしれない、という抵抗があるためです。
その抵抗があるにも関わらず、2回来るということです。

図書館で本を借りたことはありますか?

何をバカな質問を?と言わずに考えてみてください。

期日通りに返さない、という答えが大半ではないでしょうか。
私自身、借りた本は、必ず期限が切れた頃、
図書館から電話が来て、急いで返しに行った記憶があります。

つまり、ほとんどの方が忘れてしまうのです。
彼自身、LSMを実践した時は、期日通りに返してくれる方が3分の1です。
3分の2は返してくれないのです。

すると、あなたは期日後、必ず取らなければならない行動が出てきます。

それは、連絡です。つまり電話をする口実ができる訳です。
通常、電話というと、商品の売り込みや、商品に準ずるもの、
例えば、見学会や無料の10分整体など、商品に関わるものをしますね。

でも本を貸しだした場合、

「こんにちは、エルハウスのAMIKURAですが、●●さんのお貸ししている
【お客を引き寄せる超営業法】という本を、次に借りたい方がいるので、
お返しいただけないでしょうか」

と言います。
すると、ほとんどのお客さまは、
申し訳ありません」と謝ります。借りているので謝ります。

そこで、
「いいですよ。お返しにきてください。ところで、土地を探されていましたが、その後いかがですか?」
と聞けます。

申し訳ありません。わざわざ電話を頂いてすみません

お客さまはそういいます。

こちらも本当にお客さまのことを心配して、
「その後、土地探しはどうですか」と気にしているので、
その場合は売り込みだと感じにくいわけです。

考えてみてください。

あなたは、お客さまに連絡する際、
自分の商品についての話をする以外に、連絡をすることはありますか?

実は、リピートや、お客さまの関心を引きつけることは、
あなたの商品そのものから、与えてはいない、ということなのです。

これ以外にもいくつかメリットはあり、ここでは、伝えきれませんが、
このLSM手法は、誰でも、売れない新人営業マンでも、
超低コストで出来る、画期的手法です。

また、業界も、建築業だけでなく、学習塾、整体院、税理士など、
様々な経営者が取り入れ始めています。

現在も、彼のもとでは、30歳のフリーターが、実際にLSMを行い、
その実践手法をお伝えしています。
こちらに関しては、LSMにご参加してくださった方に、ご報告していきます。

ライバルは、いないと言っても過言ではありません。

小冊子がブレイクした当初、その波に乗った方は、先駆者利益で大金を稼ぎました。
ニュースレターがブレイクした当初、その波に乗った人は、
先駆者利益で大金を、稼ぎました。

出版をビジネスにつなげること、情報商材を売る、アフィリエイトを行うなど、
どのビジネスモデルもライバルより先に行動することで、彼らに利益を生んできました。

つまりスピードなのです。

もっと話したいことはありますが、ごちゃごちゃ説明を見るよりは、
実際にアクションを起こす方が、はるかに重要です。

今は、ライバルより先に、先駆者利益を得て、
あなたの会社の売上を伸ばし続けてください。

今回,お伝えする内容は、以下の通りです。

解説レポート(ミニ図書館で新規客をリピート客に育てる方法)

LSMの実践者でもあるAMIKURAと、出版マーケティングアドバイザーの私、杉山が、
LSMの基本、メリット、活用法を、ステップバイステップでお話しします。

ただ、本を貸せばいいのだ、という理解では、
真の意味でLSMを使いこなすことはできません。

このレポートは、音声と同時に、聞きながら一通り見ていただき、
後は、レポートに書かれたステップを、1からそのまま行うだけでいいのです。

もちろん、具体的にどのように活用したらいいのか?というお話もします。

どんなに理論を聞いても、実際にやってみないと分からないと思います。
AMIKURAが行っている手法は、やれば成果が出る、というものです。

今まで、集客、リピート客を作ることは難しく、
辛い作業だと感じていたかもしれません。

しかし、実際お客さまを自分の目の前につれてくることは、
楽しくて、儲けにつながるものなのです。

とても簡単な方法なので、楽しみにしてください。

  • コストを7分の1に減らし新規見込み客をつれてくるツールとは!?
  • 100%の確率でお客さまの心を導き、成約する方法とは!?
  • 近所の八百屋でも出来る、最強顧客リピート術とは!?
  • 誰もいない砂漠で、靴を売り、お金を稼ぐ方法とは!?
  • 何をやってもダメ営業マンに、自信を蘇らせ、復活させる方法とは?
  • お客さまに会わずに、相手が欲している情報をダイレクトに届ける方法とは!?
  • 営業トークをせずに、モノを売ってしまう仕組みとは!?
  • お金と時間をほとんどかけずに、新人営業を育てる方法とは!?
  • 文章がヘタクソな人間が小冊子や、本を書けてしまう仕組みとは!?
  • お客さまに頭を下げてもらい、商品を購入させるテクニックとは!?
  • 自分の得意分野でお客さまと、自然に信頼関係をつくる方法とは!?
  • 新規客を、売り込み感を与えずに、自然にリピートさせる方法とは!?
  • お客さまがリラックスしているまさにその時、セールスをして商品を販売出来る仕組みとは!?
  • 売り込みの無いチラシで、商品を販売する方法とは!?
  • 成功者が使っているのは商品の情報提供だけでなく、○○解決能力だ!

具体的に、以下のことを話していきます。

この他にもLSMを実践レベルですぐに使える、能書き無しのテクニックをお教えします。

LSMのテクニックのうち5個以上を使ったら、
あなたの商圏を制圧する可能性があります。なので、ライバルに徹底的に妬まれます。

ねたまれたくない人は、数個のテクニックだけでも十分成果を作ることは可能ですので、テクニックの一部を使うことをオススメします。

今回さらに、本を使ったテクニックとして、
あなたがスグにこの手法をスタート出来る様に、

【貸し出しカード】のサンプルをご用意いたしました。

どんな凡人の、普通以下だったビジネスマン、伸び悩む経営者も、
初めの一歩をTRYして、成功するための最短距離を突き進んでいます。
そして自由な時間を作り、その時間で、さらに事業を拡大し、
さらに成長し続けているのです。

その方法を、Eric Amikuraがあなたにお伝えいたします。

もう、あなたを悩ませることはしません。

今回さらに、ご参加くださったあなたには、現在出版事業部や、コミュニケーション事業部のマーケティング責任者の私、杉山を、
サポートとして、LSMを使ったご質問、そしてビジネスや経営戦略のサポートのご相談、90日間無料サポートをおつけいたします。

是非、あなたの次のステップの飛躍の第一歩に、
使えるものをとことん使いこなして、成果を出し続けていってください。

株式会社インプロビック
出版事業部
マーケティングプロデューサー
TUSKASA SUGIYAMA

私に、49700円ください。
あなたに、そして売れないダメセールスマンの社員に、
ライバルが誰も手を付けていない、時間をかけずに売上を作る仕組みを
お教えします。

そして、お伝えする「一つのこと」を「1ヶ月以内に行ってください」
30日後に全く効果がなく、満足いただけなかった場合、
いただいた金額49700円は全てお返しいたします。

この方法は、まだあなたのライバルは知りません。
ですので誰よりも早く行い、先駆者利益を得てください。

※特典※

LSM特別90日無料相談サポートデスクを設置。
24時間、メール、またはFAXにてどんな質問にもお答えいたします。

※特典2※

LSM用貸し出しカードサンプル
LSMのテクニックを200%引き出すためのテクニックを盛り込んだサンプルカードをプレゼント

さらに!
※特典3※

今回、LSMを行うにあたって、書籍を30冊セットを無料でプレゼントします。
(今回特別案内でのご提供のため、新古本になります。少数ですが帯が無かったり、書籍に若干の汚れがありますが、ご了承ください。書籍30冊セットの内容は、お任せパックになります)

それでは、以下の【ご参加ください】のリンクをクリックしてください。

そしてご参加フォームにて、お名前、会社名、メールアドレス、連絡先電話番号、LSMパックのお届け先住所を記入してください。そして15秒後に、ご参加の確認のメールが届きます。
そして2〜3日後にあなたの家の玄関に、約8.1kgの茶色の段ボールが一つ送られますので、まずは、中身を取り出し、案内状に書かれたURLから、レポート音声をダウンロードして、一通り聞いてください。
聞き終わったら、冊子レポートを読んでいただき、その後、書籍に貸し出しカードをつけて、あなたの事務所や打合せ室に、書籍を並べて、実際にお客さまへ本を貸し出してください。
そして、レポートに書かれていることを、実際にお客さまに行ってください。

難しいですか?
もし、それでもご質問があれば、サポートデスクに連絡をして、
ものの1分で解決してください。

30日後にお客さまが、自然とあなたに信頼を置き、お客さまから
「買いたい」と言わせる仕組みを作ることができます。

追伸1)

あなたがもし、集客やお客さまのアポ取りに、
日々頭を悩ませているのなら、まず、私に49700円をください。

売上を作ることができず、自転車操業で
このまま経営をすすめていくことに歯止めをかけ、
あなたにお金が入る自動販売機となるツールを差し上げます。

まずは、1時間かけてLSMの手法をマスターしてください。

そして毎日3分間、ステップを確認し、実際にお客さまに使ってみてください。
30日後には、今まで仕事上の、浅い付き合いしかできなかった関係が、
お客さまが奥さんにも言えないような悩みを話し出すほどの、強力な信頼関係を得て、
安定的に利益を出すこと
ができるでしょう。

私自身、そして多くのクライアントが実証済みの手法ですので、自信を持って、
お伝えいたします。 もし、私の言っていることが「嘘」「偽り」だったら、
頂いた49700円は全てお返しいたします。

追伸2)

今回ライバルが増えて、小冊子やニュースレターの様に、当たり前になる前に、
なんとか実績を作り、真剣に結果を出していきたい、という方のために、
100人限定で、通常49700円でご提供しておりますが、
特別に15000円でご参加いただける形にしました。
※なお、価格は一定購入数を超えた段階で、値上げいたします。

また、誰よりも早くスタート出来る様に、さらに特典として、
LSMスターターパックに、書籍30冊をプレゼントしています。
LSMを最大限に使える様に、様々なジャンルを、ベストチョイスしております。

追伸3)

自分の目の前に来た優良見込客の興味を釘付けにし、
短時間で信頼を勝ち取ってしまうツールが目の前にあるとしたら、どうしますか?

あなたが完全な主導権を得ながら話を進め、患者が医者に絶対の信頼を置いて接するように、あなたが医者のような立場で、
コミュニケーションとれる方法が目の前にあるとしたらどうしますか?

あなたの商品を説明すること無く、お客さまをあなたの目の前につれてくるツールが目の前にあるとしたら、どうしますか?

それらは全て、あなたの目の前にあります。
そして、そのツールを使いこなして、成果を出し続けるのは、実践者だけなのです。

逆に、ツールを使いこなすことをせずに、自分の頭で100時間ほど考え抜いても、
10000時間使って試行錯誤した実践者には、絶対にかないません。
待っているのは、現状のまま、もしくは下降していくかもしれません。

いくら優れたチームバランスが最高でも、
200%満足のアフターフォローがいくら最高でも、
聞いたら誰もが行列をなして欲しがる商品がいくら最高でも、お客さまを集めたり、
彼らをリピートさせる仕組みが無ければ、いずれ衰退していくのは目に見えています。

ぜひ、あなたのチャレンジをお待ちしています。

共に、成長していきましょう!

最後に特別にLSMのテクニックの1つを紹介します。

Alternative content