英語ビジネス研究会

海外からキャッチコピーのアイデアを学び、広告反応率を3.5倍に伸ばす秘訣

広告キャッチコピーをアメリカから学ぶ

広告において最も重要と言われるのが、まずはキャッチコピーです。

広告において最も重要と言われるのが、
まずはキャッチコピーです。

そのキャッチコピーが海外、とくにアメリカが、
非常に上手いと言う事で有名です。

アメリカのキャッチコピーや広告を研究し、
自社で活用するために専用の社員まで
採用している会社まで存在します。

海外のアイデアを取り入れるために、今までに行なって来た施策

弊社でも、海外の広告やキャッチコピーを取り入れるために、

と、海外に精通したスタッフをそろえています。

過去に、もう一人、
フランスで5年アパレルを学んだアルバイトを、
採用したりもしてきました。

このようにして、今も海外の広告やマーケティング手法、
そしてセールスレターを研究し、そして海外で活躍する、
コピーライターを先生に呼び、活用し続けています。

その中で、特に進んでいると言われるのがアメリカであり、
そして、世界の経済の中心と言われるのがニューヨークという事から、
アメリカのニューヨーク、近辺のボストンへ留学させて来たのです。

その経験から、今ではビジネスにおいて、
結果を出し続けています。

それも、グループ会社のうち、様々な分野で結果を出しています。

そして、コンサルティング会社のクライアントさんにも、
ご活用頂いています。

海外から取り入れる事が出来るのは、キャッチコピーなどの文章だけではない。

実は、キャッチコピー、セールスレターといった、
コピーライティングだけではなく、
ビジネスアイデアも海外から取り入れる事ができます。

ビジネスアイデアといっても、新規にプロジェクトを、
立ち上げる意味でのアイデアではありません。

マーケティング戦略や、
部分的なレスポンスの取り方など、
取り入れる事ができる分野は様々です。

大手企業にみても、海外のアイデアやテクニックなどを、
導入している企業がたくさんあります。

しかし、どの会社を見ても、
導入するのが非常に遅いのが問題です。

大手企業やライバル企業が、海外のテクニックを取り入れ、
それを見つけてから、自社に取り入れていたのでは、
その戦略が新しいどころか、一般的になってしまい、
魅力を出したり、インパクトを出す事が不可能なのです。

他がやっていないから、インパクトが出るのです。

国内で海外のテクニックが活用され始めるまで、
海外で見かけるようになってから、約1年は間隔があります。

そして、さらにその半年から1年後に大手が取り入れ始め、
その頃には、日々勉強していない方の目にも、そのテクニックが触れ始めます。

そうなってからでは、遅いのです。

海外のコピーライティング、マーケティングの最新ノウハウを見つけ、取り入れる方法。

そこで、海外のマーケティングテクニックを活用するために、
「英語を学び、毎月105万円手に入れる方法」
というコンセプトで基礎編と実践編の2冊の教材を作成しました。

海外のマーケティングを取り入れるのに、
はっきり言って、英語が出来る必要はありません。

しかし、出来るに越した事が無いのも事実です。

そこで、基礎編ではお金をなるべく使わずに、
英語を習得するための方法を、まとめました。

ここでは、能力開発の研究者さんの情報を用いて、
記憶のメカニズムにも触れています。

そして、実践編では、
海外のビジネスアイデアを取り入れる方法を、
まとめています。

マーケティングの基礎力が無ければ、海外のテクニックを使う程効果が落ちる。

ビジネスアイデアを取り入れるにも、
マーケティングの基礎力がなければ、
間違った使い方をし、逆に効果を下げてしまう恐れがあります。

そこで、マーケティング戦略の基礎にも触れて、
マーケティングの基礎から、海外の手法までを、
1冊にまとめあげました。

つまり、海外ビジネスを実行に移すための方法が、
書かれているのが、実践編です。

価格は、基礎編と実践編合わせて1,050円です。
この商品はダウンロードでお届けいたします。

まずは、基礎編をご活用頂き、1ヶ月間で、英語脳を作ります。

英語情報や海外、アメリカのテクニックが、
頭に入り込みやすくするためです。

そして、英語力が多少でも上がったころに
実践編をお読みになり、そこで、
アメリカのマーケティングを学んで下さい。

英語を学び、毎月105万円手に入れる方法

今すぐクリックして申し込む
※お申込みは終了いたしました。

このテキストから学べる13のポイントはこちらをクリック