英語ビジネス研究会

海外からキャッチコピーのアイデアを学び、広告反応率を3.5倍に伸ばす秘訣

広告キャッチコピーをアメリカから学ぶ

トップ - 海外キャッチコピー活用法 > テキストから学ぶ13のポイント

「英語を学び毎月105万円手に入れる方法」。この2冊のテキストから学べる13のポイント

私たちが発行している2冊のテキスト、
「英語を学び、毎月105万円手に入れる方法」基礎編と実践編。

この2冊のテキストから、何を学ぶ事が出来るのか?
そのポイントをここに書いて行きます。

子供が勉強できる理由、できない理由と、大人がビジネスで結果を出せる理由は同じ。

勉強が出来ない、苦手な子がする、言い訳をあげてみてください。
ビジネスで結果を出す事が出来ない人と、
同じ言葉を発している、共通点があるのです。

英語が堪能な人、カリスマ学習塾長、英語評論家の考え方をまとめると、
8つのコツ、共通点が見つかりました。

そのコツ、共通点とは?

学習もビジネスも同じ。すべての人が、2つのタイプにわかれる。

スイスの心理学者の提唱した法則によると、
人間は2つのタイプにわかれるといいます。

そのタイプによって、全ての事の進め方が異なるという
特徴を出し、ビジネスや人間関係、そして学習に、
活用されています。

また、この法則とともに、
フランスの哲学者による、決断を下す時の3つのグループに別れる
という法則を噛み砕いて、一般の人でも理解できるように、まとめました。

あなたの行動や決断の下し方、どんな人と話やすいか?
という事を考えながら、ご覧ください。

あなたにマッチした、ビジネスの進め方、学習の特徴が、
見えてきて、理解が深まります。

記憶に秘密があった。質の高い学習を行なうための62個のコツ。

効率的に記憶を行なう、また頭の情報を整理するために、
様々な学習記憶方法があります。

そこで、質の高い記憶・学習を行なうためのコツを、
62個ピックアップしました。

また、ここでピックアップされたコツは、
実は仕事を上手く回している人や、カリスマ経営者と呼ばれる方々が、
行なっている生活の一部や、ビジネスの捉え方と一致する部分が多くあります。

優秀な経営者と、学問が得意な人は、同じ様な事を、
知らないうちに行なっているのです。

英語のスペシャリストである同時通訳者に聞いた、無料で英会話をマスターする方法。

必ず誰にでも、めげる時が訪れます。

ビジネスが思い通りに行かない。英単語が思い通りに記憶できない。
物事が上手く進行しない。そんな時に、めげてはいけないポイントとは?

また、インターネットが進んだこの世の中、
無料でとても高機能なサービスがオンライン上で展開されています。

これらのサービスを上手く活用し、
効率的に英語の記憶、マスターを進めて下さい。

そのための様々な無料ツールをご紹介しています。

英会話にはどうしても外せない。英単語を暗記するにはコツがある。

有名な4つの方法から、どの方法が最も記憶に適しているのか?
その方法を明記しています。

しかし、それでも覚えられない方がいるのも事実です。
そこで、能力開発者の技術を応用した、方法で、
どうしても覚えられない方へお勧めのやり方を解説します。

誰に見られる物でもないので、恥ずかしがらず、
そして面倒だと思わずにやってみてください。

通訳になる人がよく行なっている訓練方法。

通訳になる人がよく行なっている訓練方法というのがあります。
実際、このやり方で英語を習得した人は一般にも多くいます。

また、その方法を活かすための方法も記載しました。
実際に英語をビジネスとしている通訳者の方が進める意見です。

英語のスペシャリストMIKI先生の見解。

実は、英会話はポイントと特徴を一部でも抑えれば、
会話として成立します。

実際のネイティブや外国人との会話で使う英語は、
学校を始めとする、日本の英語学習と異なる事があります。

英語は言語ですから、日本語と同じ様に、
新しい言い方、古い言い回しが数多くあります。

文法的に間違った使い方が、日常の会話だったりします。

ですから、どれだけセンター試験で高得点を納める人でも、
国内で話すと、かっこ良く見えたりしますが、実際には、
固い言葉すぎて、外国人から好かれず、打ち解けられなく、
そこから先のビジネスの関係などに発展しないケースが実際になります。

まずは、モデルアンサーと呼ばれる型を覚え、
それ以上に必要ならば、海外の人と実際に話をするしかないのです。

海外のビジネスアイデアやコピーをマネするだけならば、
会話は不要ですから、単語だけある程度頭に入れれば、
それだけで十分となります。

そこで、毎日英語とともにビジネスを行なうMIKI先生から、
英単語記憶や、英会話を習得するコツを教えて頂きました。

英語が出来る人は儲かるのか?平均所得の差と有名人に関する見解

ある新聞にとりあげられたデータから、
英語に関わるビジネスと、そうでないビジネスとでは、
どれほどの収入格差があるのかを計算しました。

それとは別に、英語で儲けた有名人は、
どのように活用したのかを解説します。

経済評論家の大前健一さん、アメリカGoogle副社長兼日本Google法人社長の村上憲郎さん、
元総務大臣の竹中平蔵さんの3名について、取り上げました。

天地がひっくり返っても稼げない人。英語を「使う」と「活用する」は違う。

英語を活用して稼ぐとは、どういう意味か?

英語を利用するというのは、英語を話したり、英語でやり取りをする事ですが、
活用して稼ぐというのは、英語圏の雑誌や、WEBサイトなどを通じて
ビジネスアイデア、マーケティング戦略、キャッチコピー、言葉の使い方などを、
研究し、自身の広告やホームページなどに応用するという事です。

ここで応用出来る人は、圧倒的な結果を出す可能性が高まり、
あらゆるマーケティングを展開していく事が可能になります。

しかし、成功率を本当に高めるには、ある事をしなくてはならないのです。
著名人たちの本に共通して書かれている事とは?

得意な事の見つけ方。また、それをビジネスに活かす方法とは?

自分に得意なものは?と聞かれて、
ちゃんと答えられるでしょうか?

心理学の統計で出されたデータの中に、
「人間は自分の強みを実際の20分の1の価値で見てしまう」
という事があるようです。

そのため、得意な方は、
過小評価している部分があると言えます。

そこで、自分が得意な事を見つける方法を、
簡単にピックアップしました。

そこで見つけた得意な事をビジネスにつなげる、
考え方とはどういったものなのか?

有名な企業の3つの例から、
その考え方を学んで下さい。

アイデアはアメリカの事例から学ぶ。

ビジネスやマーケティングテクニックのアイデアは、
アメリカの事例を学び、そこから取り入れる
という事を行なっています。

ビジネスではアメリカが日本の10年先を進んでいる
という話は有名な話ですが、アイデアだけではなく、
小予算でビジネスを始めるという事で有名な手法、
DRMについてもアメリカが発祥です。

Direct Response Marketing
(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

この手法は神田昌典さんが日本に持ち込んだ、
マーケティングテクニックです。

このテクニックを活用しているアメリカのマーケットから、
ビジネスアイデアや戦略をマネするのです。

商品販売で必ず行なうターゲット選定。その選定の前に忘れてはならない事とは。

ビジネスで一番大切なことは何でしょうか?
精神力、思考、人脈、お金。
そのような物の前に忘れてはならない事があります。

ビジネスが失敗する9割が、
このポイントを抑えられていない。
また行なえていないのが現実です。

そのポイントと、そのための仕掛け作り
について、解説しました。

ビジネスターゲットを定め、始める方法。

まず、ビジネスターゲットを選定すると同時に、
どのようなビジネスを行なうのか?
具体的に選定していきます。

この段階でビジネスを失敗しにくいようにする、
その方法を記載しました。

まずは、現実を見る。
それが最も大切な事です。

ニーズやウォンツの無い商品、
つまり求められていない商品を打ち出しても、
ビジネスを上手く進める事は難しいです。

成功するためだけでなく、
この「英語を学び毎月105万円手に入れる方法」
のレポートは、失敗しないためにも、ご活用ください。

お申し込みは以下をクリックしてください。

今すぐクリックして申し込む