平秀信主催「英語で儲ける企画会議」の模様をお届けします!

IMG_1628

弊社インプロビックでは先日、
「英語貧乏は嫌だ!英語で儲ける企画会議」
がという名のイベントが開催されました。

今回はその模様をご紹介いたします。

このイベントが開催されることになった
きっかけですが、平秀信がfacebook上で

「私に3ヶ月で英語をマスターさせてくれる
人がいれば600万円払います!」

と告知をしたことろ口コミが広がり、
多くの人から平のページに書き込みをいただきました。

(facebookがなければこの企画もなかったかもしれませんね!)

結局、平の条件に合う英語の先生は
現れなかったのですが、

英語学習に関する多くの意見が寄せられた事から
「英語を使ったビジネスを考えるためにブレインストーミング
を皆で行おう!」

という趣旨のもとに開催されました。
(たくさんの方々に参加の希望を頂いたのですが、
人数の都合によりお断りさせて頂いた方々には
申し訳ございませんでした)

今回参加された方々は、実際の英語講師、
経営コンサルタント、海外とビジネスをやられている方、
奥様が外国人の方、独立を考えておられるサラリーマン、
海外事業を立ち上げようとされている経営者様、

などなど様々な方々にお集りいただきました。

まず平から、インプロビックが行ってきた英語事業と
海外から集めたネタを基に、新たなビジネスを思いついた経緯を
お話いただきました。

インプロビックで販売している英単語カンタン記憶ソフトV6000が開発された
経緯などもお話いただきました↓

なお、平の言葉で印象的だったのは、

「同じ情報を手に入れても、それをもとにビジネスを
始められる人と始めることが出来ない人がいる」

その違いは、自分の顧客リストを持っているかどうか?

自分が実際にビジネスを行っていて、
どんな悩みを抱えているか理解できる顧客リストがあれば

効率的にアイデアを手に入れて、新たなビジネスを
始める事ができる」

という点です。
つまり実際にビジネスを行っていて、さらに英語ができれば
(もしくは英語ができる人を雇えば)

受け取れる情報量が圧倒的に増えるので「ビジネスチャンスも広がる」
ということです。

ということは、

英語できるけど稼げていない人は、自分でビジネスを実際に始めてみる、

逆に、ビジネスを行っているのに、アイデアが思いつかない人は
英語が出来る人に手伝ってもらうか、自分が英語をできるようにする、

それがお金を稼ぐ為の重要な考え方です。
ここに大きなヒントがあるような気がします。

私ヒルトルも海外の有名な英語教育法等を
リサーチして発表させていただきました。
(平からは「つまらない」と酷評されてしまいましたが笑
引き続きリサーチします!)

他にも、複数の英語学校の体験授業に参加して
その手法を比較して公開して頂いた方、

フィリピンで英語を使ったビジネスを
始められている方など、

参考になるアイデアをシェアしていただきました。

そして今回の会議のハイライトとして、アイデア社の影山勝己様に
特別講師としてアイデア発想法のワークショップを
行って頂きました。

※影山様のfacebook個人ページはこちらから
http://www.facebook.com/kageyamaproject

今回行っていただいたのは、
「ブレインライティング」といって

「思いついたアイデアをどんどんポストイットに書き記す。

それを隣の人に送り、横にアイデアを書き足してもらう。

それをひたすら繰り返す」

ことでアイデアを洪水のように生み出す方法です。

実際、15人で合計500個以上のアイデアが出ました。

平ももちろんこの作業に参加し、かなり壮大なアイデアを
思いついていました。(このアイデアは参加された方々だけの
秘密といたしましょう)

実際に使えるアイデアがいくつあるかは別として
アイデアはまず数を出さなくては話になりません。

アイデアが出尽くしても、「対象を変えられないか?
場所、時間、人、規模など変更したらどうなるか?」

という質問を加える事でよりアイデアが増えて行きます。

やはりアイデアは一人でじっくり考える事も必要ですが、
今回のように大勢の方とアイデアを出し合う事で、

一人では絶対に思いつかない発想が出てくるのが
このような会議の醍醐味です。

会議の後は、神楽坂にある平の行きつけの
焼き鳥屋で飲み会も行われました。

なんとここは平の奢り!ということで参加された方は
非常に貴重な体験をされていました。

今回、こちらで生まれたアイデアの種は、
インプロビックでも実際に行う可能性も高いです。

それも楽しみにしていて下さい!

ご参加頂いた方々、誠にありがとうございました!

※今後も平からfaceboook上で新たな告知が
行われますので、

facebookにご登録されていない方は
以下に平から情報を受け取る方法を記しておきます。
ぜひご覧下さい。

http://www.improbic.net/download/pdf/facebook/facebookregist.pdf

 

About ヒルトル フィリップ 太郎

1985年生まれ 東京都出身 旅行好きなドイツ人の父と日本人の芸術家の母の間に生まれ、幼少時はもとより母親の胎内にいるときから世界中を旅する。 小学校時代を香港で過ごし、その後日本に帰国。 国際基督教大学(ICU)で言語学を学ぶ。 大学卒業後は父の国であるドイツに語学を学ぶために1年間留学する。 同時にヨーロッパ11カ国を旅し、様々な人間に出会い、時には 危険な目に遭いながら世界の見聞を広める。 帰国後、将来の目標が定まらずニート化しかけていたところを 平秀信と出会い、その卓越した語学力を買われ、 株式会社インプロビックに入社する。 日本語はもちろん、英語、ドイツ語の3ヶ国語を流暢に操る。 その語学力とインプロビックで日々学んでいるマーケティング 知識を融合し、日々世界中から新しいビジネスアイデアを輸入、 さらに海外のウェブサイト、オフライン広告、キャッチコピー などを徹底的に収集し、それを国内のビジネスに生かすコンテンツの 作成、セミナーの開催を行っている。 趣味は楽器演奏、映画鑑賞、読書、旅行など多岐にわたり 常に幅広い分野からの刺激を受け、そこから新たなビジネス アイデアを生み出している。 夢は、まだ世界に知られていない日本の音楽や映画などの文化を 世界中の多くの人に広めること。