【新着レポート】急速に進むアメリカのフリーエージェントの現状

652301_80853226

ヒルトルです。

私は海外に住んでいる日本人の友達も
多いので、面白いビジネスネタがあれば
すぐに知らせるように伝えています。

その中でNYに住んでいる某超有名証券会社に
勤める証券マンがいるのですが、
彼が興味深いレポートを見つけてくれたので
それを訳してもらいました。

今日本でも話題のフリーエージェントの
アメリカの状況を調査したレポートです。

その内容を見て驚いたのが、
アメリカでは過去3年間でフリーエージェントとして
仕事に従事する人が70%も増えたとか、
これはすごい数字ですね。

その流れは確実に日本に来るでしょう。

そしてフリーエージェント(FA)になると
確かに収入は前より不安定になる場合もありますが、

それを含めてもサラリーマン時代よりも
幸せな人生を送れたり、

収入が下がっても、税金が減るので
結果的に可処分所得は増えたりするようなので

やはり日本でも多くの人がFAとなることを
念頭において生きて聞くべきだと思いました。

そのレポートはこんな内容になっています。

1 . Free Agentの定義

2 . Executive Summary (エグゼクティブサマリー)

3 . Free Agentが増えている背景

4 . マイクロプレナーの台頭

5 . なぜ人々はFree Agentになることを選ぶのか?

6 . Free Agentの優位点、満足度について

7 . Free Agentの雇い方、使い道

8 . Free Agentの今後

9 . Take Away From: Free Agentが支えるアメリカ労働市場の変化

日本では訳されていない、
ここでしか見れないアメリカの生の声が読めるのは
このレポートだけです。

ぜひお読みいただけると嬉しいです。

これレポートを手に入れるには
英語ビジネス研究会の無料会員制度
クラブインテリジェンスにご入会いただければ
すぐにお渡しいたします。

登録後、最初に届くメールにダウンロードアドレスを
記載しています。

その他にも過去7ヶ月分の音声とPDFコンテンツが
すべてダウンロードできますので今すぐご登録いただくことを
お勧めいたします。

クラブインテリジェンスのご登録はこちらから
http://www.improbic.net/enbiz/clubintelligence/

会員の方にはすでにダウンロードアドレスを
お伝えするメールを送りましたのでそちらから
このレポートをご覧下さい。

About ヒルトル フィリップ 太郎

1985年生まれ 東京都出身 旅行好きなドイツ人の父と日本人の芸術家の母の間に生まれ、幼少時はもとより母親の胎内にいるときから世界中を旅する。 小学校時代を香港で過ごし、その後日本に帰国。 国際基督教大学(ICU)で言語学を学ぶ。 大学卒業後は父の国であるドイツに語学を学ぶために1年間留学する。 同時にヨーロッパ11カ国を旅し、様々な人間に出会い、時には 危険な目に遭いながら世界の見聞を広める。 帰国後、将来の目標が定まらずニート化しかけていたところを 平秀信と出会い、その卓越した語学力を買われ、 株式会社インプロビックに入社する。 日本語はもちろん、英語、ドイツ語の3ヶ国語を流暢に操る。 その語学力とインプロビックで日々学んでいるマーケティング 知識を融合し、日々世界中から新しいビジネスアイデアを輸入、 さらに海外のウェブサイト、オフライン広告、キャッチコピー などを徹底的に収集し、それを国内のビジネスに生かすコンテンツの 作成、セミナーの開催を行っている。 趣味は楽器演奏、映画鑑賞、読書、旅行など多岐にわたり 常に幅広い分野からの刺激を受け、そこから新たなビジネス アイデアを生み出している。 夢は、まだ世界に知られていない日本の音楽や映画などの文化を 世界中の多くの人に広めること。