誰でも「6分40秒」プレゼンができるイベント

IMG_1668-1

ヒルトルです。

六本木にある
「スーパーデラックス」という有名な
多目的イベントスペースで毎月開かれている

「ぺちゃくちゃナイト」

という面白いイベントに行ってきましたので
ご紹介します。

そのイベントは簡単にいうと、

事前に応募したプレゼンターが、

1人20枚のスライドを用意し、
1枚につき20秒間話せる、

というプレゼン大会のようなものです。
(僕は観客として行きました)

20×20、
つまり合計6分40秒間話す時間が
あることになります。

話す話題はなんでもよいそうです。

今回話していた人は、

建築や、アート、森ガールについて(笑)
自社の新製品、放射線除去をする団体、

などなど日本人、外国人、日本語も英語も
ごった混ぜで、自分が話したいことを話す、

とてもインターナショナルで、
かなりカオティックな空間にでした。

主催者の方は、日本在住の外国人の方なので
(日本語もぺらぺら!すごい。僕の父親も見習ってほしい笑)

外国人の方々もいっぱいいらっしゃいましたし、
日本以外でも世界の各都市でこの「ぺちゃくちゃナイト」
は開催されているようです。

(途中にはなぜタンゴのダンスまで!盛りだくさんです。)

いろんな方々がプレゼンされていましたが、
(以下、自分のことは棚に上げます…汗)

どんなに興味深い(であろう)内容を
喋っても、

ただ棒読みだったり、
声が小さかったり、
観客の方を見なかったり、
自信がなさげだったりすると、

観客としては内容が
頭に入ってこない、と感じました。

これは日本人に限らず、外国人でも
↑のようなプレゼンをされる方は何人も
いらっしゃいました。

やはり、
大きな声で自信を持って話す、
つかみ、ユーモアを織り交ぜる、というのは
プレゼンターなら

「必ず行わなければならない」
ことなのだなと改めて実感いたしました。

あと、凄い方もゲストとしてプレゼンを
されていました。

英語B研究会でも紹介したことのある
Air B&Bというサービスを設立した、

Joe Gebbia氏もプレゼンをされたのです。

(Air B&Bとは、
自分の家をホテルとしてネット上に登録できる
サービスです。日本でも多くの方が登録されていますし、
「シェア」という本でも紹介されていたので
ご存知の方も多いかもしれません。)

さすが、アメリカの一流の起業家の方は
プレゼンもユーモア、立ち振る舞いも
別格でした。

せっかくなので
一緒に撮ってもらいました。
Thank you very much Joe!

Air B&B
http://www.airbnb.com/

私達もセミナーを主催する立場として、
このようなイベントには積極的に参加、
プレゼンターもやってみたいですね。

また面白いイベントに行った際には
こちらでご報告いたします。

ぺちゃくちゃナイト詳細ページ
http://www.super-deluxe.com/2011/11/30/pecha-kucha46/

About ヒルトル フィリップ 太郎

1985年生まれ 東京都出身 旅行好きなドイツ人の父と日本人の芸術家の母の間に生まれ、幼少時はもとより母親の胎内にいるときから世界中を旅する。 小学校時代を香港で過ごし、その後日本に帰国。 国際基督教大学(ICU)で言語学を学ぶ。 大学卒業後は父の国であるドイツに語学を学ぶために1年間留学する。 同時にヨーロッパ11カ国を旅し、様々な人間に出会い、時には 危険な目に遭いながら世界の見聞を広める。 帰国後、将来の目標が定まらずニート化しかけていたところを 平秀信と出会い、その卓越した語学力を買われ、 株式会社インプロビックに入社する。 日本語はもちろん、英語、ドイツ語の3ヶ国語を流暢に操る。 その語学力とインプロビックで日々学んでいるマーケティング 知識を融合し、日々世界中から新しいビジネスアイデアを輸入、 さらに海外のウェブサイト、オフライン広告、キャッチコピー などを徹底的に収集し、それを国内のビジネスに生かすコンテンツの 作成、セミナーの開催を行っている。 趣味は楽器演奏、映画鑑賞、読書、旅行など多岐にわたり 常に幅広い分野からの刺激を受け、そこから新たなビジネス アイデアを生み出している。 夢は、まだ世界に知られていない日本の音楽や映画などの文化を 世界中の多くの人に広めること。