便利なクレイグスリストの使い方とは?

()

皆様、クレイグスリスト
(craigslist)
はご存知でしょうか?

海外では当たり前のように
使われていますし、

日本でも耳の早い方は
ご存知かと思いますが、

意外と一般的には
知られていないようなので

こちらのブログでご紹介
いたします。

クレイグスリストは

簡単に言えば、三行広告が集まった

掲示板サイトのようなもので、

恋人、不動産、ペット探し、
中古品売買、
仕事探し、家庭教師探しなど、

なんでも募集広告を載せることが
可能です。

不動産の広告に関しては
出稿料が取られるようですが、

基本的には
無料で募集ができる仕組みになっています。

そのような地域、内容ごとに
分類された広告媒体の事を

英語では
クラシファイド(Classifieds)
と呼びます。

アメリカのサンフランシスコの
クレイグさんという方が始めた
そうですが、

現在は北米を中心に世界中の各都市ごとの
クレイグスリストのページが
存在します。

英語バージョンのみですが、

日本でも東京、大阪をはじめに
数都市のページが存在します。

言語が英語であるがゆえに
外国人の方が多く見ているので

活用方法は多くあるかと思います。

(写真)中古のアイロンを売る書き込み



外国人の友人、語学教師、恋人、
広告、CM用のモデルを探したい、

ということであれば
役に立つでしょう。

英語のできる友人の方に
募集文章を作成してもらって、

告知すれば外国人の方から
反応が得られると思います。

外国に住んでらっしゃる方、
もしくは赴任予定のある方で
あれば、

さらに活用が可能でしょうから

このサイトの事を
知らなかった方は一度使ってみると
いいかもしれません。

クレイグスリスト東京版
http://tokyo.craigslist.jp/

About ヒルトル フィリップ 太郎

1985年生まれ 東京都出身 旅行好きなドイツ人の父と日本人の芸術家の母の間に生まれ、幼少時はもとより母親の胎内にいるときから世界中を旅する。 小学校時代を香港で過ごし、その後日本に帰国。 国際基督教大学(ICU)で言語学を学ぶ。 大学卒業後は父の国であるドイツに語学を学ぶために1年間留学する。 同時にヨーロッパ11カ国を旅し、様々な人間に出会い、時には 危険な目に遭いながら世界の見聞を広める。 帰国後、将来の目標が定まらずニート化しかけていたところを 平秀信と出会い、その卓越した語学力を買われ、 株式会社インプロビックに入社する。 日本語はもちろん、英語、ドイツ語の3ヶ国語を流暢に操る。 その語学力とインプロビックで日々学んでいるマーケティング 知識を融合し、日々世界中から新しいビジネスアイデアを輸入、 さらに海外のウェブサイト、オフライン広告、キャッチコピー などを徹底的に収集し、それを国内のビジネスに生かすコンテンツの 作成、セミナーの開催を行っている。 趣味は楽器演奏、映画鑑賞、読書、旅行など多岐にわたり 常に幅広い分野からの刺激を受け、そこから新たなビジネス アイデアを生み出している。 夢は、まだ世界に知られていない日本の音楽や映画などの文化を 世界中の多くの人に広めること。