コンテンツマーケティングで成功した3つの企業

()

Mashable、という
私がいつもチェックしている海外ニュースサイトに
面白い記事があったので、今回はその翻訳をお届けします。

■”How 3 companies took content marketing to the
next level”

「3つの会社はコンテンツマーケティングを次のレベルに
どうやって引き上げたか?」

■まずコンテンツマーケティングとは?

サイトにブログなど、無料のコンテンツを
載せる事で、訪問者に価値を感じてもらい、
リピーターになってもらう手法。

twitterやFacebookからのリンクも得られるので
グーグル等の検索結果も上位になる利点がある。

その事例3つ紹介します。

 

■事例その①
mint.com
https://www.mint.com/



mint.comは個人向け経理ソフトオンラインサービスです。

2006年に設立され、多くの競合サイトとの
競争にさらされてきましたが、

3年後には業界のトップに躍り出て、なんと
1億7000万ドル(170億円!)で買収されました。

その成功の秘密は、サイト上に会計に関するノウハウを
載せたブログをつくり、

ブログ専任のスタッフを雇い、
外部ライターの寄稿も受け入れたことにあります。

その質の高いコンテンツに、訪問者はmint.com
に対する信頼感を増し、

顧客になっただけではなく、友人に口コミまで
してくれたのです。

ブログも文章だけではなく、映像やパワーポイントの
スライドショーを載せたり、表やグラフを載せる等、
工夫を凝らしていました。

■ポイント
・出来るだけ質の高い無料コンテンツをサイトにアップする

・文章だけではなく、映像や画像など、様々なタイプのコンテンツを
載せる

・ソーシャルメディアを使ってシェアする

・定期的にコンテンツをアップし、忍耐強くファンが生まれるのを待つ

 

■事例その②
Hubspot
http://www.hubspot.com/

Hubspotは中小企業のための
マーケティング支援サービスです。



成約率を上げるためのあらゆる手段を
提供してくれます。

この会社もやはり、質の高いコンテンツを提供する
ことが重要だと考えています。

ケーススタディーや、ポッドキャストの配信、
ウェビナー、PDFによる電子書籍も無料で提供しています。

Hubspotは現在4,000人の顧客を抱えています。

その会員がブログの記事がアップされるたびに
ツイッターなどのソーシャルメディアに
シェアをしてくれるそうです。

その顧客獲得の手段はインバウンドマーケティング
(自分からセールスするのではなく、
顧客が自分から資料請求したり、無料登録してくれること)
によって行われているそうです。

■ポイント
・量よりも、「自分の会社でしか提供できない」コンテンツを
充実させる

・様々な話題のコンテンツをアップする。お客様はあなたが
思っているよりももっといろんな情報を求めている

・自分が興味があるコンテンツだけではなく、お客様の助けになる
コンテンツを提供する事

 

■事例その③
American Express
http://www.openforum.com/



クレジットカードで有名な
アメリカンエクスプレスも

実はコンテンツマーケティングを行っているのです。

アメリカンエクスプレスは自社で
OPEN  FORUMというコミュニティサイトを
持っています。

そこには、自社、外部問わずに多くの
ライターがビジネスオーナーが知りたくなる
ノウハウを投稿しています。

そして、さらに訪問者も質問が出来るので
ユーザー同士がお互い議論し合い、

自動的に新たなコンテンツを生み出し続けているのです。

そのコンテンツがユーザーを引きつけ、熱心な
顧客を獲得する事に繋がっているのです。

■ポイント
・外注としても、信頼できるゲストライターを確保すること

・訪問者が興味を持ちそうな話題に関するコミュニティサイトを
つくり、それを活性化させる

・もちろん、自分自身も価値のあるオリジナルなコンテンツを
提供する事を忘れないようにする

■5年前であれば、会社はサイトさえ
持ってさえいれば大丈夫だった。

しかし、今はコンテンツを持っていないと
生き残る事はできない。

というのがコンテンツマーケティングの
重要性です。

あなたもまずはブログをつくってみる、

そして、できれば映像な画像なども使いながら
コンテンツを充実させる事により、

新たな顧客を何度もリピートさせる顧客に
還る事が可能になるのです。

いかがでしたでしょうか?

今回のブログの内容は、
英語ビジネス研究会の無料会員として
ご登録頂いている方にはすでにメルマガで
配信しております。

ブログの内容を、いち早く
手に入れたい方は以下のリンクから
登録し、

役に立つコンテンツが無料で手に入る
無料会員に今すぐ登録して下さい!

↓こちらからご登録ください。
https://www.improbic.net/enbiz/webdb/join_step1.php

 

 

原文:

http://mashable.com/2011/05/01/content-marketing-tips/

About ヒルトル フィリップ 太郎

1985年生まれ 東京都出身 旅行好きなドイツ人の父と日本人の芸術家の母の間に生まれ、幼少時はもとより母親の胎内にいるときから世界中を旅する。 小学校時代を香港で過ごし、その後日本に帰国。 国際基督教大学(ICU)で言語学を学ぶ。 大学卒業後は父の国であるドイツに語学を学ぶために1年間留学する。 同時にヨーロッパ11カ国を旅し、様々な人間に出会い、時には 危険な目に遭いながら世界の見聞を広める。 帰国後、将来の目標が定まらずニート化しかけていたところを 平秀信と出会い、その卓越した語学力を買われ、 株式会社インプロビックに入社する。 日本語はもちろん、英語、ドイツ語の3ヶ国語を流暢に操る。 その語学力とインプロビックで日々学んでいるマーケティング 知識を融合し、日々世界中から新しいビジネスアイデアを輸入、 さらに海外のウェブサイト、オフライン広告、キャッチコピー などを徹底的に収集し、それを国内のビジネスに生かすコンテンツの 作成、セミナーの開催を行っている。 趣味は楽器演奏、映画鑑賞、読書、旅行など多岐にわたり 常に幅広い分野からの刺激を受け、そこから新たなビジネス アイデアを生み出している。 夢は、まだ世界に知られていない日本の音楽や映画などの文化を 世界中の多くの人に広めること。