実践セミナー ブレインダンプ 必ず成果が出る驚異の思考法

 主催 :東洋経済新報社
運営協力:株式会社ミサオタグチコンサルティング

MTC(ミサオタグチコンサルティング)プロデュースの書籍『ブレインダンプ 必ず成果が出る驚異の思考法』が5月12日に東洋経済新報社から発行。それに伴い記念セミナーを開催します。

著者の谷澤潤氏がブレインダンプのやり方をやさしく解説するとともに、新潟県で谷沢塾を成功させる原動力になった「ブレインダンプ」の真髄を語ります。

日時 6月25日(金) 19:00〜20:30
(開場:18:30)
閉め切りました。
参加費 3,000円
*セミナー当日、会場にてお支払いください。
場所 東洋経済新報社(日本橋本石町)
〒103-8345 東京都中央区日本橋本石町1-2-1
東洋経済ビル
アクセス 東京メトロ
半蔵門線「三越前」B3出口から徒歩0分
銀座線 「三越前」A3または「日本橋」A1出口から徒歩4分

会場地図はこちら
 

セミナー内容

ブレインダンプの理念の最も深い部分を語ります。

ブレインダンプとは、今あなたの脳中にあるものすべてを、1枚の紙の上に書き出すこと。それによって、どんなメリットが得られるのか。なぜ紙に書き出すと、脳のパフォーマンスを高めることができるのか。ブレインダンプの理念をさらに深く語ります。

中小零細企業の経営者必見の内容です。

ほんの数年前には、大手学習塾の地方進出により、存亡が危ぶまれた個人経営の塾。それが今ではたった2の社員で年間1億円以上の売り上げを上げる高収益企業に。その原動力となった「ブレインダンプ」と谷沢塾の劇的な業績回復の真相について語ります。

「一生、よく働く脳を持ちたい。」その望みに応えます。

「生まれつき頭が良い子、悪い子は絶対にいない」その信念をもって20年間、個別受験指導をやってきた著者が最後に行き着いた脳の活性化法。それが「ブレインダンプ」でした。頭のいい人もいない。悪い人もいない。大切なのは「どのように頭を使うか」だ。その固い信念を持つ著者みずからが日々行っている「脳の活性化法」について語ります。

価値観と理念を共有してくれる仲間に出会う。

「私の理念に価値を見いだし、賛同してくださる人たちに出会うことができる。それが『出版』のすばらしさだ」著者のその思いと、それに賛同する出版社の熱意により実現した限定100名の小規模セミナー。ご参加いただいた方には今後、関連情報の提供を通じて、著者谷澤と楽しく有意義なおつき合いをいただくことができます。著者本人が、あなたとの出会いを楽しみにしています。

講師プロフィール:

谷澤潤(たにさわ・じゅん)
谷沢塾 代表取締役

1960年、新潟県生まれ。立教大学経済学部卒業。
中学、高校、大学と10年間野球部に在籍。読売巨人軍の長嶋茂雄氏にあこがれ、後輩になりたい一心で受験勉強。高校時代に最下位だった成績を克服し、立教大学に合格。このときどんな不利な状況でも、猛烈なあこがれと熱意をもって臨めば、必ず目標を達成できるという不動の信念を打ち立てた。

1989年、谷沢塾を開塾。個別学習プログラムと練習重視のスタイルによる独自の個別指導を実践。地元新潟県において、上位難関校に多くの合格者を出すと同時に、下位の成績を克服して合格した塾生も多数。

“もともと頭の良い・悪いはない。子どもの学力向上は環境で決まる”という理念のもと、塾生には、無上の愛情と厳しさを持って可能性とやる気を引き出し、学力向上・志望校合格に大きく貢献している。20年間以上に及ぶ経験により確立された独自の指導法は、高い成果をあげる指導メソッドとして大きな注目を浴びており、谷沢塾は地域でも屈指の進学実績・成績アップ実績を誇る学習塾となっている 。

2007 年にはその独自の学習法の全てを公開した教材「わずか75日で合格!公立高校入試必勝マニュアル」を発表。高校受験に直結した画期的な学習方法が書かれており、インターネット限定の販売にも関わらず全国の中学生・保護者から大きな支持を受けた。

2008年からは、谷沢塾での20年間の指導で編み出した「能力開発プログラム」と、ビジネス脳を開発する「ブレインダンプ」を組み合わせたセミナーを開催。実践的ノウハウをマニュアルとしてまとめ、ビジネスの現場で圧倒的な支持を得る。本書は、その価値あるノウハウの中からビジネスマンにとって有用なテクニックをまとめた本邦初の書籍である。

著書には、本書のほか「学ぶ力を伸ばすお母さんの魔法」(2008年エル書房刊)があるが、年間の売り上げ、読者への影響力などの総合評価により、同出版社の2009年度最優秀著者賞を受賞している。

セミナーお申し込みは、下記のフォームよりお願いいたします。定員の100名になりましたら、受付を終了いたします。

※定員に達した場合は、当ホームページにてできるだけ速やかにお知らせいたしますが、時間差により定員以上のお申し込みがあった場合には、のちにご辞退をお願いする場合もございますので、何卒ご了承いただきますよう、お願いいたします。

  •   
  •  
  •  
  •